サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 旧車用定番ホイール【レイズ TE37V】の生誕10周年記念モデルの、精密すぎるマシニング加工

ここから本文です
製造方法、デザインを含めて停滞していた旧車ホイールマーケットに最新の製法&技術を盛り込みながら、新たなスタンダードホイールを目指したRAYS(レイズ)の「TE37V」。2020年にリリース予定だった生誕10周年記念の「TE37V 10thアニバーサリー」モデルが2021年の春に限定発売される。その仕様内容が明らかになった。

発売当初のステッカーロゴをレイズ史上最長のマシニング加工時間で再現
いまやレイズのTE37Vは、旧車はもちろんのこと現行ロードスターなどの定番ホイールとして2010年に登場し、今も多くのファンに愛されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ