サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トヨタWECチーム、ポルティマオ8時間レース終盤の”チームオーダー”を説明

ここから本文です
 6月13日に行なわれた2021年のWEC(世界耐久選手権)第2戦ポルティマオ8時間レースで、TOYOTA GAZOO Racingが1-2フィニッシュを果たした。同じLMHクラスの36号車アルピーヌが終始好ペースを発揮していたが、燃費の面ではトヨタ勢の方が優れており、これが勝敗を分ける結果となった。

 レース終盤、首位を走っていた7号車トヨタは、少し燃料が足りないこととなり、FCY(フルコース・イエロー)が宣言された際にピットイン。これで8号車が首位、7号車トヨタが2番手という隊列になった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン