サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】KTM、停滞打破目指しテクニカルディレクター交代へ? プラマックのフランチェスコ・グイドッティ起用か

ここから本文です

KTMはテクニカルディレクターをマイク・ライトナーから、プラマックに在籍していたフランチェスコ・グイドッティへ交代させるようだ。

 2021年のMotoGPを計2勝、コンストラクターズランキング5位で終えたKTM。彼らはMotoGP参戦6年目となる2022年シーズンに態勢を立て直すべく、テクニカルディレクターの交代を予定しているようだ。

MotoGPも脱炭素に舵。2027年に完全な持続可能燃料導入を目指す

 KTMは2020年シーズンに最高峰クラス参戦後初めて優勝を達成。シーズン計3勝、表彰台も多数獲得し、飛躍の年となった。

 しかしコンセッション(優遇措置)を失って迎えた2021年シーズンは序盤から苦戦。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン