サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ル・マン24時間:ヤン・マグヌッセン、LMP2カーでの初参戦に向け「準備はできている」

ここから本文です

ル・マン24時間:ヤン・マグヌッセン、LMP2カーでの初参戦に向け「準備はできている」

ル・マン24時間:ヤン・マグヌッセン、LMP2カーでの初参戦に向け「準備はできている」

 ル・マン24時間レースで通算4回のクラス優勝を飾っているヤン・マグヌッセンはLMP2クラスでのル・マン“デビュー”に向けて、「準備は整っている」と語った。

 長年に渡ってプラット・アンド・ミラーが運営するコルベット・レーシングに在籍していたマグヌッセンは2019年末にシボレー陣営から離別。2020年シーズンはWEC世界耐久選手権にも参戦しているハイクラス・レーシングからELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズのLMP2クラスに出場することになった。

“コルベット使い”のマグヌッセンふたたび! ロッケンフェラーとWECアメリカ2連戦出場へ

 そのハイクラス・レーシングは2月12日、ベテランのデンマーク人ドライバーを2台目のオレカ07・ギブソンのドライバーラインアップの一部に迎えるとSNSで発表している。

 マグヌッセンは昨年12月、バーレーンで行われたWECルーキーテストに同チームからエントリーしており、シーズン中には山下健太も乗り込む33号車オレカ07・ギブソンをドライブした。
 
 デンマークチームはすでに、2台分のエントリー審査をELMSおよびル・マン24時間を運営するACOフランス西部自動車クラブに申請済みとのことで、これが承認されればマグヌッセンは自身22回目のル・マン出場を果たすことになる。

「昨年のバーレーンではハイクラス・レーシングと楽しい時間を過ごせたし、ゼッケン『20』をつけたオレカ07がACOの選考委員会から招待を受ければ、チームと一緒にレースを楽しむつもりだ」と語ったマグヌッセン。

「プロトタイプクラスは(これまで違う戦いになるため)面白いかもしれないね」

 なお、マグヌッセンとクルマをシェアすることになるドライバーは未発表だ。しかし、ハイクラス・レーシングのELMSドライバー候補であり、WECにフル参戦しているアンデルス・フィヨルドバッハはこれに含まれない。

■WEC最高峰クラス参戦への野望を口にした46歳

 レーシングキャリアの多くを占めるGTレース活動に移行する以前に、パノスとアウディでプロトタイプカーでの成功を収めているマグヌッセンは、最近アナウンスされたACOとIMSAによるプラットフォームの収束を高く評価しているドライバーのひとりだ。
 
 彼はLMHに加えて2021/22年にも導入されるLMDh規定について、WECのトップクラスが「正しい方向に進む」と考えている。

「新しく発表されたLMDhのルールは非常にエキサイティングだ」とマグヌッセン。

「多くのメーカーをル・マンに引きつけることができる思うし、今後の展開を楽しみにしている」

「2020年にハイクラス・レーシングとともにル・マンに出場することは、僕が将来LMDhカーでWECに参加するきっかけとして絶好の機会だと思っている」

 一方、マグヌッセンはWECの次戦2019/20年シーズン第5戦ローン・スター・ル・マンと、第6戦セブリング1000マイルでは、マイク・ロッケンフェラーとともにWECにスポット参戦するコルベット・レーシングに復帰する予定。ふたりはWECアメリカ2連戦で新型シボレー・コルベットC8.Rの63号車をドライブする。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します