サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > オペルとボクと祖父

ここから本文です

オペルとボクと祖父

オペルの日本市場再参入を知り、ボクは胸が熱くなった。「やっとオペルが帰ってくる!」と。なぜなら、かつてわが家にオペルがあったからだ。

オペルは祖父のクルマだった。祖父が初めて購入した輸入車である。初代アストラのサルーンだった。ボディカラーはグリーン。当時4~5歳だったボクは、「イエローがいい!」と、言ったが、それはサルーンには設定がないスポーツグレード専用のボディカラーだったため、カタログモデルのグリーンになったという。

ジープ ラングラーで雪を遊べ! アンリミテッド ルビコン試乗記

オペルを選んだのは祖母の意向。「フォルクスワーゲンはたくさん走っているからイヤ」が、最大の理由。

おすすめのニュース

サイトトップへ