サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「注目モデル試乗」独特の深みが出てきたと評判。モデル末期のメルセデス・ベンツCクラス

ここから本文です

現行Cクラスは今が乗り頃。ローレウスエディションは装備充実お買い得

 Cクラスの現行モデル(W205型)は2014年デビュー。日本では2018年秋に大規模な改良が実施された。モデルライフとしてはそろそろ終盤。次期W206型のウワサを頻繁に耳にするようになった。

「新型モデル試乗」メルセデス・ベンツCLAシューティングブレークの他車にない個性とは

 一般的には、モデル末期のクルマはお勧めしにくい。「新型を待て」というのが定番だ。しかしメルセデスの、とくにFR系シリーズ(C/E/Sクラス)は、経験上そうとも言い切れない。
 モデル末期になればなるほど、乗り味に独特の深みが出てくるからだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ