サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コンパクトカー戦国時代に取り残された「名門」 日産はマーチを諦めるな

ここから本文です

 トヨタから新型ヤリスと新型アクアが発売され、ホンダからは新型フィットが登場、日産もノートがフルモデルチェンジして、先ごろノートオーラが発売されている。

 いま日本のコンパクトカー市場は大変な激戦区となっている。

どうした俺たちのホンダ&日産! 王者トヨタ独走の裏で2大ライバルはなぜ元気がないのか

 そんななか、かつてこのカテゴリーで珠玉の存在として活躍していたモデルが、まったく手つかずのまま放置されている。日産マーチである。

 現行型(4代目)マーチの登場は2010年。もう今年で11年が経過した。次期型開発の噂はまったく聞こえてこず、そろそろモデル廃止の話ばかりが囁かれている。しかし日産はマーチを諦めるべきではない。

おすすめのニュース

サイトトップへ