サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1予算制限策は有効か? ルノー「我々は予算を増やさなければいけないかも」

ここから本文です

F1予算制限策は有効か? ルノー「我々は予算を増やさなければいけないかも」

F1予算制限策は有効か? ルノー「我々は予算を増やさなければいけないかも」

 F1チームとFIAは、2021年シーズンから発効する1億7500万ドル(約189億円)の予算上限策について承認した。この予算には、チームの移動費やドライバーのギャラなどは含まれていない。

 この規則は、各チームの支出を削減することが狙いだった。しかしながらいくつかのチームが望んだよりも高額であると見られ、特にルノーは、上位3チームとの差を埋めるためには、これまでよりも予算を増やす必要すらあると語る。

■ フェラーリとドゥカティ、

 これについてルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、motorsport.comに対して次のように語った。

「我々はかなり節約している。様々なことが、我々にとっては節約のチャンスだ」

「我々はただ、何をすべきかを考えているだけだ。現在のレベルを固定する必要があるかどうか……なぜなら我々の予算は、さらに低いと思うからだ。しかし競争力を手にするための十分か、あるいはさらに増やす必要があるのかを、考えなければいけない」

「予算上限が予想よりも高いため、我々は予算を増やす必要がある、かなり高いのだ。でも、それは我々だけで決断できることではない。株主との間で行わなければならない議論だ」

 アビテブール曰く、今回の1億7500万ドルの予算制限で、トップ3チームが上位を独占する状況を終わらせるのに十分かどうか、確信が持てないという。

「それはトップチームに尋ねるべき質問だ。彼らの支出に関する情報は、私は手にしていないのだ」

 そうアビテブールはmotorsport.comに対して語った。

「彼らの現在の活動のレベルでは、我々とは全く異なる数字を聞き続けている。1億7500万ドルの予算制限を実現するためには、年間1000万ドル(約11億円)を節約する必要があるとする。それは誰にとっても大きな金額だ。しかし経済的な見地から見て非効率的だったとしても、彼らのような企業にとっては大きな違いはないだろう」

「しかし時に彼らは、4000~6000万ドルを節約する必要があると言う。そうなれば大きな違いになるだろう。本当の疑問は、その数字が組織にどの程度の影響を与えるかということだ。そしてそれについては、私には分からない」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します