サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 巣ごもり需要で人気のプラモデル、ハイロー二極化&日本車人気が顕著に【第60回静岡ホビーショー】

ここから本文です
2019年以来、3年ぶりのフルスペック開催となった今回の「第60回 静岡ホビーショー」。フルスペックとは11日から始まった業者招待日と、14日以降の一般公開日を持ったショーのこと。昨年は一般公開日が無かった。今回は自動車の模型にフォーカスし、プラモデル編とミニカー編に分けて解説する。1回目はプラモデル編だ。

プラモデルの二極化
驚いたことにプラモデルの売り上げは伸びているのだそうだ。その理由は巣ごもり需要が大きく、どのメーカーに聞いてもプラモデルの売り上げは伸びている、というのである。今年のショーを通じて強く感じられたことは、二極化である。

おすすめのニュース

サイトトップへ