サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ、「アルファード」「ヴォクシー」などを生産するトヨタ車体富士松工場で稼働停止 3000台の納期に影響

ここから本文です

トヨタ自動車は7月22日、ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」や「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」を生産するトヨタ車体の富士松工場(愛知県刈谷市)第2ラインを7~8月に5日間、稼働を止めると発表した。新型コロナウイルスの感染が広がるベトナムからの部品調達が難しくなったため。

稼働停止は、7月29~30日と8月2~4日の計5日間。約3000台の納期に影響が出ると見られる。

トヨタ、8月に高岡工場で5日間稼働停止 半導体不足で「カローラ」など9000台に影響

トヨタでは、半導体不足により8月2~6日の5日間、「カローラ」「カローラツーリング」を生産する高岡工場(愛知県豊田市)第1ラインの稼働を止めると公表済み。

おすすめのニュース

サイトトップへ