サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 入間市、コミュニティバス国内初のネーミングライツ導入 地元ガス会社が1000万円で権利獲得

ここから本文です
埼玉県入間市は、コミュニティバスでは国内初となるネーミングライツを導入。入間ガスのキャラクターがラッピングされた「てぃーろーど いるまるくん号」の運行を2月1日より開始した。

入間市では、市民の移動の利便性向上などを目的に、入間市コミュニティバス「てぃーろーど」、ワンボックスタイプの「てぃーワゴン」を運行している。このうち「てぃーろーど」について、ネーミングライツを年間100万円×10年間(合計1000万円)で契約するパートナー企業を募集。その結果、2020年12月4日に入間ガスがネーミングライツ権を獲得した。

おすすめのニュース

サイトトップへ