サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルノー、2022年に向け”メルセデス型”PUコンセプトの投入を検討中

ここから本文です

 ルノーは新開発のパワーユニット(PU)の投入を2022年に先送りしたが、この新型PUにメルセデス同様のコンセプトを採用することについて検討が進められているという。

 アルピーヌは、2021年用マシンA521を3月2日に発表した。ただチームの名称はアルピーヌに変わったが、パワーユニットの名称はルノーのままであり、”ルノーE-Tech 20B”がA521には搭載されている。

■スズキ戴冠後にアルピーヌF1へ移籍……「断っていれば後悔しただろう」とダビデ・ブリビオ

 ルノーは当初、2021年に新型のPUを投入することを予定していた。しかし新型コロナウイルス感染拡大の影響により、この導入を2022年まで延期することを決めている。

おすすめのニュース

サイトトップへ