サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 横浜ゴム、タクシー会社とタイヤ空気圧遠隔監視システムの実証実験 脱売り切りのタイヤビジネス構築

ここから本文です
 横浜ゴムは20日、京都市内のタクシー会社2社と組んで同社が開発した「タイヤ空気圧遠隔監視システム(TPRS)」の実証実験を5月から開始したと発表した。すでにカーシェアリングサービスの事業者などと行っていたが、厳しいタイヤ管理が求められるタクシー事業者に対象を広げる。空気圧低下による燃費悪化やパンクの予兆を未然に把握することで、経済性や安全性の向上に貢献できるビジネスモデルの構築を目指す。

 実証実験に用いるTPRSはタクシーのタイヤ内面に貼り付けた1センチメートルほどのセンサーが空気圧や温度、位置情報を検知する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン