サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 運転挙動を反映するテレマティクス自動車保険…北米でトヨタコネクティッドカー向けに TIMSなどを開発

ここから本文です

運転挙動を反映するテレマティクス自動車保険…北米でトヨタコネクティッドカー向けに TIMSなどを開発

Toyota Insurance Management Solutions USA, LLC(TIMS)と米国大手保険会社Nationwideは、北米トヨタが展開するコネクティッドカーを対象に、運転挙動反映型テレマティクス自動車保険「BrightDrive」を共同開発し、販売を開始したと発表した。

TIMSは、あいおいニッセイ同和損保とトヨタファイナンシャルサービス(TFS)およびトヨタ自動車が共同出資し、2016年4月に設立。あいおいニッセイ同和損保のテレマティクス自動車保険、TFSの金融とトヨタコネクティッド(TC)の最先端のデータ分析など、各社のノウハウを集約させることで、最適なテレマティクス保険サービスを提供することを目指している。

トヨタのコネクティッドカーは、年々対象モデルが拡大しており、車両から得られる走行データや運転挙動データなどのビッグデータが蓄積されている。今回、これらビッグデータを活用し、米国大手保険会社Nationwideと共同でTIMSブランドテレマティクス自動車保険「BrightDrive」を開発した。

BrightDriveは、トヨタのコネクティッドカー向けテレマティクスサービス「Connected Services」の1サービスとして提供。コネクティッドカーから集めたデータを活用して、ドライバーの安全運転度合に基づき保険料の割引を適用する。

まず、運転データの利用に同意することで、加入時から次回更新時まで10%の保険料割引を適用する。加入後90日間は、運転挙動のモニタリング期間の安全運転度合に基づき、次回更新時に最大40%の割引を適用。さらに万が一の事故の際には、トヨタ純正部品による高品質な修理を提供する。

あいおいニッセイ同和損保では今後、テレマティクス技術を活用し、保険面での協業を国内外で強化。日本・米国・欧州・中国・東南アジアの5極を中心として、グローバルにテレマティクス・モビリティサービス事業を展開し、特色ある個性豊かな会社の確立を目指す。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します