サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2019年タイヤ整備不良率、前年比2.1ポイント減の21.3%…日本自動車タイヤ協会調べ

ここから本文です
日本自動車タイヤ協会は、都道府県警察、運輸支局、NEXCO 3社、自動車およびタイヤ関連団体と協力し、2019年(1~12月)に全国で37回の路上タイヤ点検を実施、その結果をまとめた。

タイヤ点検は、高速道路604台、一般道路1409台の合計2013台で実施。調査結果によると、点検車両のうち、タイヤに整備不良があった車両は428台、不良率21.3%。2018年点検結果に比べ2.1ポイントの減少となっている。道路別では、高速道路のタイヤ整備不良率は28.5%で1.0ポイントの増加、一般道路では18.2%で3.7ポイントの減少という結果となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン