サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 放射冷却素材をキャンピングカーに施工、電気に頼らない暑さ対策の実証実験を開始

ここから本文です
ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(JAPAN C.R.C.)を運営するキャンピングカー株式会社とSPACECOOLは、大阪ガスが開発した放射冷却素材「SPACECOOL」をキャンピングカー『ロビンソン771』『ロビンソン106』を貼付した脱炭素化・暑さ対策の実証実験を7月1日より開始した。

キャンピングカーはレジャー用途の移動手段として親しまれているが、夏場の直射日光による暑さ対策が課題となっている。エンジンを止めても電気が利用できるサブバッテリーを搭載するモデルも多いが、その容量にも限界がある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン