サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペンのトラブルはホンダPUの制御系が原因。ホンダF1田辺TD「申し訳ない」と謝罪

ここから本文です

 F1最終戦アブダビGPでレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2位表彰台を獲得したが、第2スティントではスロットルの応答に問題があることを無線でしきりに訴えていた。

 これらの問題は最終的に修正することができなかったが、ホンダF1テクニカルディレクターの田辺豊治はmotorsport.comに対し、分析の結果ホンダ製パワーユニット(PU)の制御系に起因する問題であったと明かした。

【動画】2019年F1アブダビGP決勝ハイライト

「ピットストップの後、いくつかの異なるセッティングを試して(制御系の問題を)改善しようと試みました」と田辺TDは語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ