サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > やりすぎか? 早すぎたのか? 斬新だがイロモノ感が出て売れなかった国産車7選

ここから本文です
 時代に受け入れられなかったが今なら売れそうなクルマも多数

 新型車を企画して、売る。そしてヒットさせるというのは、非常に難しいことだ。すべてのクルマがヒットすべく登場してくるものの、現実は厳しくクルマづくりは水モノと呼ばれるほど。もちろん当たれば大きいが、計算して出せるものでもないのは厳しい。実用性だけではダメで、デザインにもこだわらないといけないなど、要素は多い。その点では先取りというのも重要な点で、どれぐらい先を見越すかは重要となる。今回は斬新すぎて売れなかったクルマを見てみよう。