サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > チームオーダー無視は正義か悪か……ベッテル「自分のために戦うべき時もある」

ここから本文です
 フェラーリは今季、4度の世界王者であるセバスチャン・ベッテルと新加入のシャルル・ルクレールという布陣で戦っているが、レース中に度々チームオーダーを発令している。これについてチーム代表であるマッティア・ビノットは、ドライバーをコントロールすることができれば、フェラーリにとって利益になると繰り返し主張している。

 しかしながら、そのチームオーダーは時折裏目に出た。ロシアGPのスタートではポールポジションのルクレールが3番グリッドのベッテルにスリップストリームを使わせ、ワンツー体制を築くという作戦に出たが、勢い余ってベッテルが首位に立ってしまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ