サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トヨタの若手ドライバー育成システムが再編、最終的にWECやWRCを目指すプログラムに

ここから本文です

トヨタの若手ドライバー育成システムが再編、最終的にWECやWRCを目指すプログラムに

トヨタの若手ドライバー育成システムが再編、最終的にWECやWRCを目指すプログラムに

 TOYOTA GAZOO Racingは2月7日に発表した2020年のモータースポーツ活動計画の中で、若手ドライバー育成プログラムの仕組みを大きく変更することを明らかにした。

 これまでは国内外のレースやラリーの舞台で活躍できる日本人ドライバーを育成するため、TGRラリーチャレンジプログラム、WECチャレンジプログラム、トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム(TDP)、フォーミュラトヨタ・レーシングスクール(FTRS)などが存在したが、2020年からはこれらの活動を一本化し“TGRドライバー・チャレンジ・プログラム(TGR-DC)に統合される。

■トヨタ、2020年のGT500体制を発表。セルモ2台目のゼッケンは“14”

 具体的には、これまでのFTRSが担っていた部分がTGR-DCレーシングスクールとなり、そこからFIA-F4に参戦するスカラシップドライバーや国内ラリーに参戦する若手ドライバーを選出する。

 これまではTDPとして全て同じ枠で育成プログラムを行なっていたが、2020年からはレース部門とラリー部門に分け、ラリードライバーの育成に特化したプログラムも新設されることになった。

 最終的に育成枠の中から選ばれたドライバーが、4輪レースにおいては「WECチャレンジプログラム」、ラリーでは「WRCチャレンジプログラム」として、それぞれのカテゴリーに挑戦していくことになる。

 2020年はWECチャレンジプログラムのドライバーに山下健太が選ばれ、すでにドイツに拠点を移してレースに向けて準備を進めている。一方WRCチャレンジプログラムには勝田貴元が選出。すでに今季のWRC開幕戦ラリー・モンテカルロにはヤリスWRCで参戦し果敢な走りをみせた。

 この世界最高峰の舞台を目指すTGR-DCの2020年育成ドライバーとしては坪井翔、宮田莉朋、小高一斗が選ばれた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します