サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダ CR-Z、再び? 米国で名称の商標登録を申請

ここから本文です

ホンダが2016年に生産を終了したハイブリッドスポーツ『CR-Z』。同車が復活する可能性が出てきた。これは、米国特許商標庁が公式サイトで明らかにしているもの。ホンダが7月29日、米国でCR-Zの名称の商標登録を申請したことが記されている。

CR-Zは、スポーティな走りや優れた燃費性能、先進のデザインなど、新たな価値を備えたハイブリッドカーとして2010年1月、米国で開催されたデトロイトモーターショー2010で、量産モデルがワールドプレミアされた。日本国内では、2010年2月に発売されている。

それ以来、累計およそ4万台を販売してきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ