サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【フォーミュラE】アウディが意表突く作戦で首位浮上の珍事。FIAは規則の“抜け穴”を塞ぐ方針

ここから本文です
 フォーミュラE第13戦ロンドンePrixレース2では、アウディとルーカス・ディ・グラッシが前代未聞の作戦でトップに浮上するというシーンがあった。FIAはこれを受けて、規則の“抜け穴”を塞ぐ構えだ。

 レース中盤にセーフティカーが出動した際、8番手を走行していたディ・グラッシは隊列から離れてピットレーンに。ピットボックスで停止するような動きを見せた後すぐに再発進し、コースに合流すると、一気にトップに浮上した。これはピットレーンが短かったことと、セーフティカーに先導される隊列の速度が極めて遅かったことが関係している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン