サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動車メーカーが初受賞した車種は? 「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の歴史を振り返る

ここから本文です

自動車メーカーが初受賞した車種は? 「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の歴史を振り返る

受賞1号車はマツダ・ファミリア

 今年で40回目を迎えた「日本カー・オブ・ザ・イヤー」。2019-2020 COTY大賞は『トヨタRAV4』が獲得したが、40年も行なわれていると、さまざまなクルマが登場し受賞されていることがわかる。今回は、各メーカーの時代を反映し、イヤーカーとなった初受賞にスポットをあてていこう。

10年後は値上がり必至? いまなら100万円以下で狙える日産中古車5選

 カー・オブ・イヤーとは前年の11月1日から当年の10月30日にまでに国内で発表された乗用車の中からモータージャーナリストが優秀なクルマを選ぶ、栄光をたたえるモノとして1980年から実施。そんな受賞1号車(1980年-1981年)は、マツダ・ファミリアだった。FFを初採用したモデルという技術的な注目点だけでなく、サーファー(陸も含む)などに大人気で”流行”にもなったというのも受賞をあと押ししている。

 続く第2回(1981年-1982年)は、マイコン満載のトヨタ・ソアラが初のCOTY受賞。当時としてはトピックスだらけだった内容で、快適装備としてマイコン制御のオートエアコン、目的地までの距離や時間を計算してくれるドライブコンピュータなどを採用。クルマ好きのみならず世間は驚愕した、まさに最新技術満載の高級パーソナルカーだった。デザインも威圧感ではなく品があって、クール。デートカーとしても一世を風靡したのである。

 一方、最近はCOTYにご無沙汰のメーカーの初受賞に目を向けると、意外なクルマが多かったりする。例えば、第7回には日産のいわゆるパルサーの兄弟車といわれた「エクサ」「ラングレー」「リベルタビラ」が受賞。エクサは脱着可能のスカイキャノピーが話題となり、ラングレーは”スカイラインズミニ”がキャッチフレーズという名のとおり、スカイライン風のボディをまとった小型セダンだった。また、ビスカス式フルオート・フルタイム4WDという機構も世界初。しかし、いまや絶滅危惧車に入るものばかりだ。

 また、三菱はランサーエボリューションの起点となった「ギャラン」が第8回(1987年-1988年)で初受賞。ホットモデルの”VR-4″はブレーキが効きにくかったが、ハイパワー最速ぶりがクルマ好きの間で話題となった。

 そのほか、ホンダの初受賞車は「シビック&バラード」となり、83年-84年の第4回にイヤーカー選出。ここにはFFスポーツの真骨頂たる「CR-X」も含まれており、80年代のホットハッチ時代を反映した受賞だった。余談だが、シビックは5代目と7代目も後に受賞している。

 そして、スバルは第24回にして待望の初受賞となったのは3ナンバー化した「レガシィ(4代目)」。ちなみに第13回(1992年-1993年)では、特別賞として「いすゞ ビッグホーン」が選ばれており、当時のRVブームが後押ししたともいえ、受賞車を見れば時代の流行がわかったりする。

欧州COTYでの日本車初受賞は?

 カー・オブ・ザ・イヤーというのは「その年のクルマ」というだけで、固有の賞を表わしているわけではない。日本のみならず世界中にカー・オブ・ザ・イヤーというのがあり、由緒正しいもののひとつに、テレビでも耳にすることがある「欧州カー・オブ・ザ・イヤー」が存在する。

 ヨーロッパの各自動車メーカーが、多くの魅力的なモデルを投入している激戦区。欧州だけにコンパクトカーが受賞することが多く、最近は多くの日本車もノミネートされている。実は、今からさかのぼること26年前、欧州COTYを受賞した日本車があった。それが日産の2代目「マーチ」だ。

 受賞車は時代を象徴するクルマ。この先は一体どんなクルマが登場し、どんな技術を投入したクルマが受賞していくのか非常に楽しみだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します