サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 最新プラットフォームで進化、プジョー SUV 2008 新型[詳細画像]

ここから本文です

最新プラットフォームで進化、プジョー SUV 2008 新型[詳細画像]

プジョーのコンパクトSUV、新型『SUV 2008』(以下、2008)を40枚の撮り下ろし写真とともに紹介。

新型2008のエクステリアは、堂々とした垂直なグリル、彫りの深いボンネット、ヘッドライトから下に向けて繊細に細くなっていくLEDデイタイムランニングライトを備えている。下方向に伸びる牙のようなLEDデイタイムランニングライトは『508』で初めて採用されたもので、新世代プジョーのあたらしいフロントフェイスのアイコンとなっている。

「GT Line」は三本爪をモチーフにしたLEDラインを備えたハイパフォーマンスなフルLEDヘッドライトを、「Allure」はLEDならではの効率、明るさ、デザイン性を備えたLEDヘッドライトを装備。リアは、ライオンの爪痕をモチーフにした3つのLEDリアライトを採用し後ろ姿を特徴づけている。

新型2008は、グループPSA最新のコンパクトプラットフォーム「CMP」により、先代モデルと比べてボンネットが低く長く、よりタイヤが四隅に配されたプロポーションが特徴。よりSUVらしい佇まいとなった。

ボディサイズは全長4305mm、全幅1770mm、全高1550mm、ホイールベース2610mm。先代モデルよりそれぞれ全長+145mm、全幅+30mm、全高ー20mm、ホイールベース+70mmとなり、よりスタイリッシュなデザインに。全高は1550mmに抑えたことで多くの立体駐車場に適合しており、ホイールベースは+70mmの大幅な延伸にもかかわらず最小回転半径は5.4m。先代モデル(5.5m)より減少させた。

インテリアは、アルカンターラやテップレザーなどのタッチの素材を随所に用い、ドアパネルとダッシュボードのインサートにはカーボン調のテクスチャーを使用。7インチタッチスクリーンには、エアコン操作、オーディオなどのショートカットに加え、新たにエアコンのMAXボタンが加わった。

「GT Line」には、ホールド性の高いダイナミックシートを装備し、「Allure」には快適性を重視したコンフォートシートをセレクトしている。

ラゲッジスペースは、可動式のフロアボードを備えハイポジションにセットすることで荷室を上下に区切ることができ、リアシートバックを倒せば最大1467リットルの空間になる。

パワートレインは、PureTech 1.2リットル直列3気筒ターボエンジン。最高出力は130ps、最大トルクは230Nmを発揮。燃費はWLTCモードで17.1km/リットル(JC08モードで19.2km/リットル)。

ボディカラーは、新色であるフュージョンオレンジ、ヴァーティゴブルー、エリクサーレッドの3色を迎えた全6色を展開。

価格は写真掲載モデルの「Allure」が299万円、「GT Line」が338万円から。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します