サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス新型「Cクラス」世界初公開! 5代目になりどう進化? ライバル勢との違いとは

ここから本文です

メルセデス新型「Cクラス」世界初公開! 5代目になりどう進化? ライバル勢との違いとは

■新型は現行モデルよりも全長は65mm、ホイールベースは25mm拡大

 2021年2月23日、メルセデス・ベンツの本国であるドイツにおいて、新型「Cクラス」が発表された。

【画像】世界初公開されたメルセデス新型「Cクラス」をチェック!(58枚)

 Cクラスは1982年、前身である「190シリーズ」の誕生以来1050万台を超える台数が販売されており、過去10年間でもっとも販売台数の多いメルセデス・ベンツとなっている。まさに世界市場におけるプレミアム・セダンのベストセラーカーだ。

 日本でも「外国メーカー車モデル別新車登録台数順位(JAIA発表)」を見ると、昨年の2020年こそ9位に甘んじたが、2014年から2019年まで6年連続でベスト3の地位を守るなど、その売れ行きは堅調だ。

 ちなみに1位は「BMWミニ」とVW「ゴルフ」が長らく戦っており、2020年には初めてメルセデス「Aクラス」が2位に割って入っている。

 そんなベストセラーカーであるCクラス。新型になってボディサイズが若干拡大している。

 Cクラスセダンのスペックは、全長4751mm×全幅1820mm×全高1438mm、ホイールベースは2865mm。現行モデルと比較して全長はプラス65mm、全幅はプラス10mm、ホイールベースはプラス25mmで、全体的に大きくなっているのが特徴だ。逆に全高はマイナス9mmと、よりワイド&ローのスポーティなスタイリングになっている。

 また、フロントガラスと乗員スペースを後方に移動させる「キャブバックワード」デザインで、クラシカルでダイナミックなプロポーションを実現しているのも特徴だ。

 インテリアのトピックは、第2世代に進化した最新のMBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)だ。2021年1月に日本でも販売開始となった新世代の「Sクラス」にも採用されているものが、新型Cクラスにも搭載されている。モニターサイズを拡大し、機能を充実させ、操作性も洗練度を高めた。

■Cクラスの永遠のライバルがBMW「3シリーズ」とアウディ「A4」

 新型Cクラスは全グレードで電動化を果たしているのも、今回のフルモデルチェンジの特徴となる。

 パワートレインには、48Vマイルドハイブリッドを組み合わせた1.5リッターと2リッターの4気筒ガソリンターボと2リッターのディーゼルターボ、そしてプラグインハイブリッド(PHEV)というラインナップが用意されている。

 PHEVは、2リッターガソリンにモーター、そして25.4kWhの水冷リチウムイオン電池を組み合わせたもの。WLTPモードで約100kmのEV走行を可能とする。

 また、新型Sクラスでも採用された後輪操舵システムも新型Cクラスに搭載されている。時速60km以下では前輪と後輪は逆の方向、それ以上の速度では前後輪が同じ方向に最大2.5度まで操舵をおこなう。これにより俊敏性が高まり、低速時の取り回しも向上している。

 運転支援システムも機能を充実させ、作動範囲の拡大などの進化を見せている。また、安全性を高める運転席と助手席の間のセンター・エアバッグも欧州仕様車に用意されるなど、安全性能も強化された。さらに、車両前方の路面にガイドラインや警告マークなどを投影可能なデジタルライト機能もオプションで用意されている。

 新型Cクラスを見ると、今まさにメルセデス・ベンツが持っている最新技術が惜しみなく使われていることがわかる。ライバルたちから一歩抜き出る先進性で、世界市場でのベストセラーの地位を守るつもりなのだろう。

* * *

そんなCクラスのライバルとなるのが、ジャーマン・スリーと呼ばれる残りふたつのプレミアムブランドが擁する、BMW「3シリーズ」とアウディ「A4」だ。

●BMW「3シリーズ」

 3シリーズの最新モデルの日本での登場は2019年1月。伝統のスポーティな走りとルックスに、対話式で操作可能なAIインテリジェント・パーソナル・アシストや、ハンズオフ可能な先進運転支援システムをプラス。日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020で「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」、そしてRJCカーオブザイヤー・インポートを受賞するなど、高い評価を得ている。

 また、2019年は1万235台を販売し、「外国メーカー車モデル別新車登録台数順位(JAIA発表)」で6位、2020年は8505台の販売で5位を獲得。どちらもBMWモデルとしては最高順位となっている。

●アウディ「A4」

 もうひとつのライバルであるアウディA4は、2016年に現行モデルが日本に上陸。何度かの小改良を経て、2020年10月に大幅な改良を実施した。

 エクステリアは全面的に変更され、インテリアにも最新のインフォテイメントシステムを導入。さらに「S4」以外のすべてにマイルドハイブリッドシステムを採用している。

 ただし「外国メーカー車モデル別新車登録台数順位(JAIA発表)」を見てみると、2016年が14位、2017年が16位、2018年から21位以下。日本での販売面では苦戦中といえるだろう。

 BMWとアウディのライバルは、デビューからすでに2年から4年の年月が過ぎている。

 技術進化の著しい昨今において、その年月は新型Cクラスの大きなアドバンテージになることは間違いない。間近に迫った日本導入で、新型Cクラスの販売は相当なものが望めるのではいだろうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します