サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【一挙にご紹介】2020年に登場予定の新しいモデル 12月分 後編

ここから本文です

【一挙にご紹介】2020年に登場予定の新しいモデル 12月分 後編

ロールス・ロイス・ゴースト

昨年ニュルブルクリンクで撮影された、新しいゴーストは、BMW M5がベンチマークとされていると言われており、オーナーがリアシートに座るだけのモデルではないようだ。

【画像】ロールス・ロイス・ゴースト、テスラ・モデルSプレイド、トヨタGRヤリス【12月の新しいモデル】 全28枚

ゴーストは、6.6LツインターボV12を備えた新しいベントレー・フライングスパーに対抗するため、初めて四輪駆動が採用される予定となっている。

テスラ・モデルSプレイド

デュアルモーターのモデルSのパフォーマンスは、すでに0-97km/h加速2.4秒、最高速度260km/hを達成しているが、プレイド・バージョンには、さらにモーターが追加される。

ライバルであるポルシェ・タイカンのラップタイムを破るべく、ニュルブルクリンクでテストを行っており、航続距離を犠牲にすることなく、より多くのパフォーマンスを提供するため、バッテリー容量も増やされるようだ。

モデルSプレイドは、メル・ブルックス監督のコメディ「スペースボール」に登場する、「Ludicrous」モード以上のパフォーマンスを意味する劇中のセリフから名付けられている。

プロトタイプには、印象的なリアウィング、広いリアトレッド、大きなホイール、下げられたサスペンションが確認されているが、これらが量産モデルに反映されるかどうかはわかっていない。

テスラ・モデルXプレイド

モデルSサルーンに対して行われた改良は、すでに販売中の加速の最も早い7人乗りにも適用される。

モデルXのモーター数が3基に増え、0-97km/h加速が2.7秒からさらに短縮されることが予想される。

バッテリー容量の増加も期待されている。

トヨタGRヤリス

2018年に同社のCEO、豊田章男が「これほど退屈なクルマはありません」と述べていたヤリスが、エキサイティングに生まれ変わる。

ハイブリッドではないが、260psを出力する軽量の1.6Lエンジン、四輪駆動、新しいダブルウィッシュボーン・サスペンション、新しいボディシェルの採用が期待されている。

フォルクスワーゲン・ゴルフ・エステート

第8世代ゴルフのラインナップには、3ドア、プラス、カブリオレの設定はないが、年末に向けてワゴンが追加される。

ゴルフ・エステートは、同様のスタイル、テクノロジー、およびガソリン、ディーゼル、ハイブリッドパワートレインのオプションを維持しつつ、標準のハッチバックよりも大きなトランクを提供する。

ヴィーズマン・プロジェクト・ゲッコー

ドイツのスポーツカーメーカーであるヴィーズマンから、軽量ロードスター「プロジェクト・ゲッコー」が登場する。

BMWのM部門から供給された、ツインターボチャージャー付き4.4L V8パワートレインを搭載する。

フロントミドマウントエンジンは、BMWが提供するオートマティックギアボックスを介して、後輪に動力を供給し、2009年の限定版GT MF5にインスパイアされたスタイリングとともに、50/50の重量配分を約束する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します