サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高ければいいってもんじゃない!! インチアップの空気圧の正解はどう求めるのか

ここから本文です

高ければいいってもんじゃない!! インチアップの空気圧の正解はどう求めるのか

 ここ数年タイヤの大径化が進んでいて、17、18インチホイールが当たり前のように装着されるようになりました。タイヤの扁平率も45%とか40%が当たり前になっていますから、これ以上インチアップするのを躊躇する人は少なくないと思います。

 その一方、ベーシックグレードには15インチ、16インチ装着車がありますから、当然17、18インチへのインチアップはアリ。それから、数年乗ったクルマをインチアップして乗り味をリフレッシュというのも、なかなか有効なライトチューンです。

超大事? 見せかけもあり?? 大事な理由があるはずだ!!!! クルマの「穴」大全

 ここで疑問が思い浮かびます。タイヤの空気圧ってどのくらい入れればいいのだろう? インチアップしたら空気圧も上げたほうがいいの? どうやって適正空気圧を見つけたいいの?

 そんな疑問が頭をよぎり不安に感じている人、心配ありません。タイヤの基礎知識さえ知っていれば、空気圧の目安を簡単に知ることができます。

文/斎藤 聡、写真/日産、トヨタ、Daimler

【画像ギャラリー】乗り心地と安全性をしっかりと考えて……タイヤの空気圧の適正値を知って楽しくドライビング

■インチアップの際に押さえておきたいポイント

20インチタイヤを飲み込む車両も増えてきたので空気圧はカスタマイズの際には気を付けたい

 ちなみにタイヤをインチアップするときに押さえておかなければならないポイントは2つ。1つはタイヤの外径を合わせること。2つ目はロードインデックスを考慮することです。

 タイヤの外径は、タイヤのカタログやwebサイトのタイヤサイズ表を見るとタイヤ外径が書かれています。

 例えばブリヂストンのエコピアNH100の195/65R15 91H(外径636mm)から2インチアップしてレグノGR-X IIを履こうと考えた場合、タイヤ外径を基準に見ていくと、205/50R17 89V(外径640mm)、215/45R17 91W XL(外径628mm)、225/45R17 91W(外径636mm)あたりがピックアップできます。

 この3択なら、かっこよさと転がり抵抗の少なさ(タイヤの細さ)で215/45R17。多少転がり抵抗は大きくなりますが、操縦性を重視するなら225/45R17でしょうか。205は幅は☆うのですが50偏平の見た目がポイントになりそうです。

 あまり外径を変えてしまうとメーター誤差が大きくなってしまうので、外径差はできるだけ大きくならないほうが良いと思います。

 補足しておくと、保安基準でタイヤ外径の目安が示されています。それによると、動的負荷半径(※)を『平成18年(2006年)12月31日以前に試算された車両は-5%~+3%、平成19年(2007年)1月1日以降に生産された車両は-5%~+1.5%の範囲で選びます』とされています。

※動的負荷半径=タイヤが実際に移動した距離から割り出すタイヤ半径。反対語は静的負荷半径。

■ロードインデックスも重要な要素

今やカローラでもすでに17インチタイヤが設定されておりインチアップを考える人は少ないかもしれないが……

 2つ目のロードインデックスによる選び方です。『195/65R15 91H』の91がロードインデックスです。ロードインデックスはタイヤ1本が支えられる最大負荷能力を示す指数で、換算表によって荷重能力(kg)を見ることができます。

 国産タイヤはJATMA(=ジャトマ・日本自動車タイヤ協会)規格による換算表を使います。輸入タイヤは欧州のETRO(エトルト)規格を使うのが一般的です。また最大負荷能力を高めたエクストラロード(レインフォースド)タイヤようにETRTOのエクストラロード規格も使われています。

 例えば国産の195/65R15 91Hサイズの指定空気圧が240kPaだったとします。JATMAの換算表を参照すると、240kPa時の最大負荷能力は615kgになります。

 205/50R17 89Vは空気圧を240kPa時580kgです。JATMAではそれ以上空気圧を上げてもロードインデックスは上がらない(という考え方)ので、ロードインデックス不足で装着不可となります。

 215/45R17 91W XLはエクストラロードタイヤ(=レインフォースドタイヤ)なのでETRTOのXL規格対応表を参照にします。91で純正サイズと同じ615kgを支えるためには290kPaの空気圧が必要になります。

 225/45R17 91WはJATMAサイズ指定タイヤで、通常より10kPa高い250kPaの空気圧設定なっています。空気圧を250kPaまで充填して最大負荷能力615kgとなります。

 215/45R17サイズの通常のタイヤはロードインデックスが87くらいになるのですが、こんな具合に扁平率の高いタイヤからインチアップしたとき、エアボリュームの関係でどうしてもロードインデックスが足りないサイズが出てきてしまうのです。

 そこでタイヤ構造を強化して最大内圧を290kPaにしたXLタイヤを設計することで負荷能力不足を補っているわけです。

■転がり抵抗低減は燃費向上に繋がる

新車でも15インチを設定するコンパクトカーはまだ多い

 純粋にインチアップだけなら話は単純なのですが、最近では転がり抵抗低減による燃費向上も重要な案件になっています。

 プリウスを参考に考えてみます。Aプレミアムに標準設定の195/65R15 91Hの空気圧は前250KPa/後ろ240kPaです。

 この空気圧での最大負荷能力が615kg/輪となっています。プリウスは車両総重量で1645kg(Aプレミアム・FF)です。前後重量配分が6対4としても987kgです。1輪約493kgですからだいぶ余裕があるわけです。負荷能力だけで考えたら前後180kPaでも十分な計算です。

 ではなぜ空気圧を高くして設定しているのでしょうか。プリウスの燃費を見ると、195/65R15 91H装着車がWLTCモード平均で30.8km/L。215/45R17 87Wで27.2km/Lです。ちなみに17インチの空気圧は前220kPa/後210kPaとなっています。

 考えられるのは、やはり燃費です。それと少し操縦性の前後バランスも配慮されているのかもしれません。

 自動車メーカーでは、タイヤの空気圧をどう決めているのかというと、タイヤの空気圧設定に厳密に決まりはありません。最終的にテストドライバー(エンジニア?)が、乗り心地や静粛性、操縦性、燃費などのバランスを考えながら決めているようです。

 最近では省燃費性能の比重が高くなっているせいか、燃費をよくするために空気圧を高めに設定する例が多くみられます。

 見方を変えると、指定空気圧は絶対ではないということです。空気圧を大幅に下げるには危険なのでお薦めしませんが、ロードインデックスを頭の片隅に置きながら、調整幅としては±10~20Kpaくらいを目安に、自分の好みの乗り心地や、操縦性を試してみるのも面白いと思います。

 とくに乗り心地は指定空気圧から+10kPaくらいでも大きく変わることがあります。

 また操縦性も基本的には前の空気圧を高めると応答がシャープな傾向になり、低くすると応答が穏やかな傾向になります。ポイントは前後をいっぺんに変えず、前だけとか後だけ調整してみるといいと思います。あんがい面白いバランスが見つかったりします。

【画像ギャラリー】乗り心地と安全性をしっかりと考えて……タイヤの空気圧の適正値を知って楽しくドライビング

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します