サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フォレスター大幅改良。フロントフェイス激変、新世代アイサイト搭載

ここから本文です

スバルは6月14日、フォレスターの大幅改良モデル(日本仕様)を初公開、国内先行予約を開始した。1.8Lターボを積むスポーツ、2L+モーターのe-BOXER搭載のアドバンス、Xブレイク、ツーリングと全4グレード展開に変更はない。

2018年6月に発表した現行型は5代目。乗る人すべてが楽しく快適な空間を共有できるよう、取りまわしのよさと室内の広さを両立したパッケージング、使い勝手のいい装備群、そしてSUVらしいたくましさを感じられるデザインをまとって誕生。グローバルにおいてもスバル最量販車種、超重要モデルだ。

レクサスが新型NXを世界初公開。次世代デザイン…さらにPHEVも!

そんなフォレスターのデザイン、特に顔の印象が変わった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン