サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリF1代表、2020年はベッテルを優先せず「ルクレールに対等のチャンスを与える」

ここから本文です

 フェラーリF1は、2019年の方針を変更し、2020年シーズンの初めからセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールを対等な立場に置くことを決めている。

 2019年の初め、フェラーリはチーム代表マッティア・ビノットの判断により、50対50の状況においては、ルクレールよりベッテルを優先することにしていた。

【津川哲夫のF1新車初見チェック】中低速での改善が意識されるフェラーリSF1000。レッドブルの大レーキ角コンセプトを導入か

 しかし、ルクレールは昨年2度のグランプリを制して実力を示し、チャンピオンシップでベッテルよりも上位でフィニッシュしている。そうした彼の立場が、今後のシーズンにおけるポリシーの変更をフェラーリに強いることになった。

「状況に進展が見られた。

おすすめのニュース

サイトトップへ