サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フィアット500限定モデル、タイカンのオフロードも! 春のニューモデル&改良車情報

ここから本文です

フィアット500限定モデル、タイカンのオフロードも! 春のニューモデル&改良車情報

 季節はすっかり春。新生活の始まりに、あるいは春だからなんとなく(?)新車の購入を考えている人もいるだろう。

 フィアット500の限定カラーモデルやポルシェの電動モデル、タイカンのオフロードモデルなど、春の注目車を詳しく見ていこう。

2代目がついにデビュー!! トップを奪える実力あり! 明かされた新型ヴェゼルの全貌

※本稿は2021年3月のものです
文/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年4月26日号

【画像ギャラリー】春の注目ニューモデル&改良モデルをギャラリーで見る

■フィアット 500/500C ミモザ2(限定モデル・3月20日発売)

 フィアットは500および500Cにイエローの限定カラーを纏った「ミモザ2」を3月20日より250台限定で販売開始した。

ベース車は「1.2ポップ」で、ベース車との価格差は両車ともに8万円高である

 「国際女性デー」と定められている3月8日に、男性が大切な女性にミモザの花を贈るイタリアの習わしをイメージした限定車で、限定カラーだけでなく限定装備も多く採用された一台である。

 価格は500ミモザ2の場合208万円、500Cミモザ2は274万円となる。

●価格:208万円

■BMW M5 CS(追加モデル・1月27日発表)

 BMWは、M5の限定生産モデルとなるM5 CSを発売することを発表した。

ボンネット、リアスポイラーはCFRP製。またマフラーエンドは専用4本出しエキゾーストなど、専用装備を数多く盛り込まれている

 このモデルは現在販売されているM5をベースとし、さらなるチューニングを施した一台で、エンジンは6000rpmで最高出力635psを発生させる4.4L V型8気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載する。

 これはノーマルのM5と比較すると35ps‌、M5コンペティションと比較すると10psも引き上げられた数値だ。

 また、車重も標準と比べて70kg近い軽量化を施しており、結果0-100km/hは3.0秒を記録。M5コンペティションよりも0.3秒速いタイムを記録する。

 インテリアはカーボンや黒を基調としたもので、スポーツ走行に適した専用カーボン背面パネルを持つスポーツシートが前列に装備される。

 また、後部座席もホールド性の高い形状をしたシートを持ち、それに合わせて乗車定員も5人から4人へと変更されている。

 M5 CSは2021年春に販売が開始され、価格はドイツ国内で18万400ユーロ(日本円にすると約2346万)となる。日本への導入や価格などは未定だ。

●価格:未定

■ポルシェ タイカン クロスツーリスモ(追加モデル・3月5日受注開始)

 ポルシェはフル電動スポーツカーのタイカンに、オフロードやアウトドアでの使用を考慮したモデル「クロスツーリスモ」を追加し3月5日より予約受注を開始した。

フェンダーアーチモールなどが装備され、よりオフロードカーらしい見た目となった

 タイカンクロスツーリスモは、2018年3月にコンセプトカーとして発表された「ミッションEクロスツーリスモ」の市販仕様に当たるモデルであり、グレードはクロスツーリスモ、4Sクロスツーリスモ、ターボクロスツーリスモの全3グレードが用意される。

 パワーユニットにはスポーツサルーンのタイカンと同様の800Vアーキテクチャーを採用、パフォーマンスバッテリープラスも全グレードで標準装備となる。

 最高出力はクロスツーリスモの場合380ps、オーバーブースト出力は476psを発生し、最上級グレードのターボクロスツーリスモになると625ps、オーバーブースト出力では680psの大パワーを生み出す。航続距離は全グレード平均で390~453kmである。

 また4WD、アダプティブエアサスペンション、専用「グラベルモード」を全グレード標準装備とし、そこにオプションのオフロードデザインパッケージを選択すると最低地上高をさらに30mm上げることができ、オフロード走破性能をより一層高めることが可能な仕様となっている。

 ボディ形状はスポーツサルーンのタイカンとは異なり、後部リアゲート周辺のデザインは大幅に変更され、ボディサイズも全体的に一回り大きく設定される。

 トランク容量は1200L超であり、これはタイカンと比較すると実に3倍近い容量を稼いでいる。

 価格はクロスツーリスモで1309万円、4Sクロスツーリスモは1502万円、ターボクロスツーリスモを選ぶと2024万円とされる。グレード間での価格差は最大で715万円となる。

●価格:1309万円~

■BMW X5/X6/X7(一部改良・2月24日発表)

 BMWは2月24日、ディーゼルモデルのX5、X6、X7に48Vマイルド・ハイブリッドシステムを搭載したモデルを追加したと発表した。

X5は945万円、X6は997万円、X7は1114万円から。X7 xDrive35dでは新開発の直6ターボエンジンを搭載する

 48Vスターター・ジェネレーターとそれによって発電された電気を充電する専用バッテリーで構成されており、スターター・ジェネレーターがモーターとして作用することで力強い加速力を発揮すると同時に、エンジンへの負荷を軽減し高効率化も実現。

 燃料消費量は1.1km/L向上している。

●価格:945万円~

■ランドローバー ヴェラール(一部改良・3月10日発売)

 ランドローバーは2021年モデルのヴェラールの受注を3月10日より開始し、同時に限定グレードのヴェラール・エディションの投入も発表した。

アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーションはランドローバー初の採用となった

 エンジンはマイルドハイブリッドの2L直列4気筒ディーゼルと、純ガソリン車である2L直列4気筒エンジンの二種類を採用、全7グレードを展開する。

 また、ランドローバー初となるアクティブ・ロードノイズ・キャンセレーションを搭載した。価格は787万円から、グレード間での価格差は289万円。

●価格:787万円~

■DSオートモビル DS7クロスバック E-TENSE 4×4(追加モデル・3月10日発売)

 DSオートモビルはDS7クロスバックにプラグインハイブリッドを搭載した「E-TENSE 4×4」を追加し、3月10日に販売を開始した。

搭載されたバッテリーは3kW/200Vで5時間、6kW/200Vの場合2.5時間で満充電になる。なおエレクトリックモードは56kmまで走行可能である

 「E-TENSE 4×4」では、1.6L直4ターボエンジン、前後合わせて2基のモーターとリチウムイオンバッテリーを搭載することで、パワーユニット合計で300ps/520Nmとハイパワーを発生させる。

 低速域をモーターが担うことで、0-100km/h加速は5.9秒を記録する。価格は732万円、グレードはグランドチックのみの設定となる。

●価格:732万円

■アルファロメオ ジュリア ヴェローチェ ヴィスコンティ エディション(限定モデル・3月13日発売)

 アルファロメオは3月3日、ジュリアの限定車としてヴェローチェ・ヴィスコンティ・エディションを3月13日より販売を開始した。

専用装備によってより上質な一台に仕上げられた

 ベース車の「2.0ヴェローチェ」に、限定車専用装備を数多く採用しており、内装はタンレザー、ボディカラーはアルファロメオのロゴにも刻まれているヴィスコンティ家の紋章から着想を得たヴィスコンティ・グリーンメタリックが選ばれる。

 45台限定販売とされ、価格はベース車より21万円高の619万円とされる。

●価格:619万円

【画像ギャラリー】春の注目ニューモデル&改良モデルをギャラリーで見る

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します