現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レクサス コンパクトBセグメントSUVのLBXにビスポーク対応が可能な100台を限定販売

ここから本文です

レクサス コンパクトBセグメントSUVのLBXにビスポーク対応が可能な100台を限定販売

掲載 1
レクサス コンパクトBセグメントSUVのLBXにビスポーク対応が可能な100台を限定販売

レクサスは2023年11月9日、かねてから予告していたBセグメントのコンパクトSUV「LBX」を正式発表し、受注を開始した。

発売は12月下旬が予定されているが、それに先立ち、車両の各部を購入者の希望の注文仕上げが可能な「LBX“Bespoke Build”」を100台限定で抽選販売が行なわれる。抽選の申し込みは全国のレクサス店で11月9日(木)から11月21日(火)まで受付けされる。

スズキ 新型スペーシア、スペーシア カスタムを発売

【関連記事】レクサス LBX ワールドプレミア:https://autoprove.net/japanese-car/lexus/lbx/220447/

LBX“Bespoke Build”の内装仕上げの例■ モデル概要
新型LBXはコンパクトカーでありながら、これまでの高級車の概念を変える、走りやデザインも上質であるヒエラルキーを超えたクルマをつくりたい、という豊田章男会長の意思を実現するため「本物を知る人が、素の自分に戻り気負いなく乗れるクルマ」を目指して開発されている。

LBXは、ヤリスクロスと同様のTNGA-Bプラットフォームを改良して採用し、基本特性とハイブリッド・システムをレクサス用に専用チューニングしている。ボディサイズは、全長4190mm、全幅1825mm、全高1545mm、ホイールベース2580mm、最低地上高170mmで、ヤリスクロスとほぼ同サイズだが、全幅のみは60mm拡幅され、幅広さを強調している。

ボディは、スポット溶接打点の追加、構造用接着剤の拡大使用などにより高剛性化と質感の向上を図っている。なおセンターピラーに2.0GPa級、フロントバンパーリインフォースメントに1.8GPa級の超高張力ホットスタンプ材を採用し、ボンネットをアルミ化するなど軽量化を追求している。

■ シャシー
サスペンションは、フロントはジオメトリを刷新した新開発のストラット式を採用。キャスター角を大きくとることで高い直進安定性を確保するとともに、車体ロール時のトーイン変化量を抑えアンダーステア特性を低減し、コーナリング限界域まで一体感と安心感のあるリニアなコントロール性を実現。

フロント・ストラット式サスペンションなお、フロント・ハブキャリアは高剛性なアルミ鍛造ナックルを採用することで、ばね下を軽量化。さらに新開発の3点締結の入力分離型のストラット・アッパーサポートを採用することで、リニアな操舵応答性と上質な乗り心地を両立している。

FF用リヤ・サスペンションAWD用リヤ・サスペンションFFモデルのリヤは軽量高剛性なトーションビーム式で、高い走行性能とリヤモーター搭載を両立するトレーリングアーム式2リンク・ダブルウィッシュボーン(AWD)を採用。新開発のダンパーは、動き出しから素早く反応する特性とし、極微低速の減衰力を確保している。

■ デザイン
デザイン・コンセプトは「Premium Casual」とし、コンパクトなボディサイズでありながら存在感と上質さを融合させ、プレミアム性を備えながらも日常でカジュアルに使うことができるコンパクト・クロスオーバーとなっている。

エクステリアは、スタンスの良いダイナミックなプロポーションを実現。そしてフロントマスクは新たな「ユニファイドスピンドル」を採用。そしてクラスの常識を超える18インチサイズの大径タイヤを採用。170mmの最低地上高によりクロスオーバーSUVらしさを強調している。

インテリアは、水平基調でシンプルなインストルメントパネルとし、良好な視界を確保。メーターパネルは12.3インチの大型フル液晶を採用している。

センターディスプレイからコンソールにかけては、高さを抑え、傾斜をさせ、そして9.8インチのディスプレイと、扱いやすいレイアウトにした操作系としている。センターコンソール側面のニーサポートは、表皮巻きとして高級感を演出。さらに室内の間接照明は64色から選択できるようになっている。

シート、トリムは、「“Cool”」はセミアニリン本革とウルトラスエードのコントラストにステッチ・シート・トリム刺繍を採用。「“Relax”」はセミアニリン本革に、サドルタンカラーと刺繍の組み合わせている。

■ パワートレイン
搭載エンジンは、1.5Lの直列3気筒アトキンソンサイクル・エンジン(M15A-FXE型)とモーター出力を向上した軽量・コンパクトなハイブリッド・トランスアクスル、そして高い電池出力のバイポーラ型ニッケル水素電池を搭載している。

ハイブリッドの制御は、アクセル操作に対する電池とモーターによるアシストを大幅に強化し、メーターをメインにした応答遅れが少なく立ち上がり、さらに加速中のエンジン回転数と車速、エンジン音を連動させることで伸びのあるリニアな走りを演出している。

また走行シーンにより、加減速を最適化する駆動力制御を採用。登降板時には路面の勾配変化を読み取り、加速、減速トルクをアシストすることでアクセルやブレーキ操作回数を低減させている。またワインディング走行などにおいて前後左右Gの高い走行を判定すると、アクセルオフ時の減速アシストを増加させ、エンジン待機回転数を維持し再加速をアシストできるようになっている。

グレード展開は、シンプルで洗練されたモダンな空間を演出するLBX“Cool”、落ち着きと華やかさを両立させたLBX“Relax”、さらに自分だけの仕様を望む人向けのオーダーメイドシステム「LBX“Bespoke Build”」をラインアップしている。さらに、2024年1月開催の「東京オートサロン2024」には、より走る性能を重視し、パワートレインを強化したパフォーマンスモデルを出展予定で、その後ラインアップへの追加が想定されている。

価格

レクサス LBX 関連記事
レクサス 関連記事
レクサス 公式サイト

The post レクサス コンパクトBセグメントSUVのLBXにビスポーク対応が可能な100台を限定販売 first appeared on オートプルーブ - Auto Prove.

こんな記事も読まれています

460万円からの「小さな高級車」12月に発売!選べる内装も上質!? 斬新フェイス採用で販売店への反響は?
460万円からの「小さな高級車」12月に発売!選べる内装も上質!? 斬新フェイス採用で販売店への反響は?
くるまのニュース
質感に脱帽……小さくてもやっぱりレクサスだわ!! LBXはヤリスクロスベースでも上質感がハンパない!
質感に脱帽……小さくてもやっぱりレクサスだわ!! LBXはヤリスクロスベースでも上質感がハンパない!
ベストカーWeb
【試乗記】ヒョンデ コナ 価格からは想像できない高い満足度をもったマルチプレイヤー
【試乗記】ヒョンデ コナ 価格からは想像できない高い満足度をもったマルチプレイヤー
Auto Prove
レクサス新型「小さな高級車」内装は文句なし!? 極上「55万円座席」OP設定! ブランド最小「LBX」への反響は
レクサス新型「小さな高級車」内装は文句なし!? 極上「55万円座席」OP設定! ブランド最小「LBX」への反響は
くるまのニュース
メルセデス・ベンツ「GLC クーペ」初のフルモデルチェンジ!プレミアムな存在感放つSUV
メルセデス・ベンツ「GLC クーペ」初のフルモデルチェンジ!プレミアムな存在感放つSUV
グーネット
トヨタありがとう! 「ランドクルーザー“70”」の販売がついに再開。今回はKINTOでも乗れるぞ。
トヨタありがとう! 「ランドクルーザー“70”」の販売がついに再開。今回はKINTOでも乗れるぞ。
くるくら
トヨタが英国で「ヤリスクロス」の2024年モデルを公開! よりパワフルなハイブリッド電気パワートレイン搭載で小型車の新たな選択肢へ
トヨタが英国で「ヤリスクロス」の2024年モデルを公開! よりパワフルなハイブリッド電気パワートレイン搭載で小型車の新たな選択肢へ
バイクのニュース
第三世代となるポルシェ・パナメーラ発表 新型モデルからターボグレードは更なる差別化へ
第三世代となるポルシェ・パナメーラ発表 新型モデルからターボグレードは更なる差別化へ
AUTOCAR JAPAN
約9年ぶりに復活! トヨタが新型「ランクル70」発売! 2度目の再販モデルは「ディーゼル+6速AT」採用で480万円から
約9年ぶりに復活! トヨタが新型「ランクル70」発売! 2度目の再販モデルは「ディーゼル+6速AT」採用で480万円から
くるまのニュース
新世代のタフオフローダー「ナナマル」が正式デビュー! 「ランドクルーザー70」発売開始
新世代のタフオフローダー「ナナマル」が正式デビュー! 「ランドクルーザー70」発売開始
月刊自家用車WEB
480馬力超えV8搭載! レクサス「爆速セダン カスタム仕様」登場! 存在感スゴすぎるエアロパーツをトムスが発売
480馬力超えV8搭載! レクサス「爆速セダン カスタム仕様」登場! 存在感スゴすぎるエアロパーツをトムスが発売
くるまのニュース
超絶人気のヤリスクロスがマイナーチェンジ! 日本発売は2024年1月中旬か? 第5世代の新HV搭載で大幅進化!
超絶人気のヤリスクロスがマイナーチェンジ! 日本発売は2024年1月中旬か? 第5世代の新HV搭載で大幅進化!
ベストカーWeb
メルセデス・ベンツのプレミアムミドルサイズSUV! 新型「GLCクーペ」発売。Sクラス譲りの最新技術を多数採用
メルセデス・ベンツのプレミアムミドルサイズSUV! 新型「GLCクーペ」発売。Sクラス譲りの最新技術を多数採用
LE VOLANT CARSMEET WEB
レクサスの「小さな高級車」実車展示! 斬新フェイス採用の「高級SUV」反響は? 460万円からで12月下旬発売
レクサスの「小さな高級車」実車展示! 斬新フェイス採用の「高級SUV」反響は? 460万円からで12月下旬発売
くるまのニュース
約9年ぶり!ランドクルーザー70発売 6速AT採用でオンロード性能も強化
約9年ぶり!ランドクルーザー70発売 6速AT採用でオンロード性能も強化
グーネット
トヨタ新型「カムリ“クーペ”」初公開!? 「FF最大・最上級セダン」のデザインまとった爆速モデル! 期待の「ド迫力カムリ」米で発表
トヨタ新型「カムリ“クーペ”」初公開!? 「FF最大・最上級セダン」のデザインまとった爆速モデル! 期待の「ド迫力カムリ」米で発表
くるまのニュース
人気も実力も文句なし!「買い時コンパクトSUVベスト4」
人気も実力も文句なし!「買い時コンパクトSUVベスト4」
グーネット
スタイリッシュなGLC「メルセデスGLC 300 4MATICクーペ」の使い勝手は?
スタイリッシュなGLC「メルセデスGLC 300 4MATICクーペ」の使い勝手は?
AutoBild Japan

みんなのコメント

1件
  • 手に触れる場所のマテリアルだけは上質だろうけど、やっぱりサイズからくる安っぽさはあるね
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村