サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WEC上海:トヨタ敗れる。プライベーターのレベリオンが2019/20年初優勝

ここから本文です
 2020年ル・マン24時間レースを最終戦とする2019/2020年シーズンのWEC世界耐久選手権第3戦上海が11月10日、中国・上海国際サーキットで行われ、レベリオン・レーシングの1号車レベリオンR13・ギブソン(ブルーノ・セナ/グスタボ・メネゼス/ノルマン・ナト組)が4時間の決勝レースを制した。TOYOTA GAZOO Racingは8号車トヨタTS050ハイブリッドが総合2位、7号車トヨタTS050ハイブリッドが3位表彰台を獲得している。
 
 この週末にかけて好天に恵まれている上海は、10日(日)も薄曇りながら陽が差すなかでシーズン第3戦の決勝日を迎えた。