サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > FFスポーツの頂点を極める! ルノー「メガーヌR.S.トロフィー」を筑波サーキットで試乗してみた

ここから本文です

■1.8リッターターボエンジンは300馬力/420Nmで前輪を駆動

 フランス生まれのルノー「メガーヌ」も、ドイツ西部に位置するニュルブルクリンク・ノルドシュライフェ(北コース)が気になるようです。

ルノー「メガーヌR.S.トロフィー」が日本上陸 !「シビックタイプR」を超えニュルFF最速を奪ったモデルの血を受け継ぐ1台

 1周20kmを超える、世界一過酷といわれるサーキットで、FF最速タイムを更新しているのがメガーヌ「ルノー・スポール」です。ルノー・スポールは通常「R.S.」と略され、クルマに付けられるバッジもこの略称で表示されています。

そして、これまでのどのメガーヌR.S.より強力な「メガーヌR.S.トロフィー」が上陸しました。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン