サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 難コンディションが混沌を生み出したトルコGP。しかし“F1のDNA”からは反していた?「速いマシンが先頭を走るべき」とマクラーレン代表

ここから本文です
 イスタンブールパーク・サーキットで行なわれたF1第14戦トルコGPは、ポイントリーダーのルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝してタイトルを確定させるという結果に終わったが、雨の中行なわれた予選ではランス・ストロール(レーシングポイント)がポールポジションを獲得し、決勝序盤ではレーシングポイントがワンツー体制を築くなど、いつもは見られないような波乱の展開が随所に見られた。

 難しいコンディションがもたらしたエンターテインメント性について、マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表は次のように語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ