サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > これぞ「桁違いプライス・カー」 初代日産シルビアを振り返る

ここから本文です

 佳き時代の日本に「桁違いプライス」のクルマがいくつか存在した。クラウンが3台買えるといわれたトヨタ2000GTは、特別性能、特別仕立てのスーパーGTだった。

 ロータリー・エンジンを引っさげて登場してきたコスモ・スポーツは確かに世界に無二の存在だった。もうひとつの桁違いプライスのクルマ、いすゞ117クーペはイタリアンテイストの手づくりボディが個性を輝かせていた。そんななか、日産が送り出したのは……そう、シルビア。

これぞ「桁違いプライス・カー」 初代日産シルビアを振り返る

 120万円という価格はセドリックの最上級モデル「カスタム6」よりも20万円高の設定。さて、それをどう考えるか。

おすすめのニュース

サイトトップへ