現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最高時速235キロ!爆走したサラリーマン逮捕!過去最高速の検挙例

ここから本文です

最高時速235キロ!爆走したサラリーマン逮捕!過去最高速の検挙例

掲載 更新
最高時速235キロ!爆走したサラリーマン逮捕!過去最高速の検挙例

重大事故の要因のひとつにスピード違反があります。50km/h以上のスピードオーバーなら違反点12で、初回でも90日間の免停ですが、先日、なんと135km/hのスピードオーバーで、会社員が検挙されました。ナンバーを外して走行していたということですが、どのように検挙にいたったのでしょうか?

日本最高記録135km/hオーバー!

罰金最大10万円!? スピード違反の取り締まり方法をおさらい

2018年3月1日、警視庁は中央高速道上り車線を135kmオーバーで走行したとして、東京都世田谷市在住の会社員を逮捕しました。
逮捕容疑は2016年1月29日午前4時15分ごろ、東京都国立市の高速道路上り線を時速235kmで運転。スピード違反による検挙例としては過去最高速度とのことです。
車両は、フロントのナンバープレートが外されていたようですが、オービスに撮影された画像には、中指を立てる運転手が撮影されていたとのこと。
犯行に使用された車種はアメリカンマッスルカーとして日本国内でも人気の高い3代目ダッジチャレンジャー。外装色はグリーン。この派手なスポーツカーは、少なくとも5回、オービスに撮影されていることが判明しており、警視庁は余罪と合わせて追求する方針です。


ダッジチャレンジャーとは?

とんでもない事件に使用されてしまったダッジチャレンジャーですが、犯行に使用されたチャレンジャーのグレードまでは不明です。ただしテールライトの形状から、2015年のマイナーチェンジ以前のモデルだと思われます。
しかしベースグレードで186kW(250hp)、トップモデルのSRT8(2011年~)では、351kW(470hp)を発揮し最高速度は270km/hに達します。仮にSRT8であれば、235km/hまで到達するのは容易だったことでしょう。
ダッジチャレンジャーは1970年に初代モデルが登場しました。ライバル車はフォードマスタングで、低価格でかっこいいポニーカーとして誕生しました。日本でいえばスペシャルティーカーです。初代モデルは大ヒットしますが、市場の縮小とともに1974年に生産終了。
1978年に登場した2代目は、三菱ギャランΛ(ラムダ)の北米仕様で、初代モデルとはまるで関係ないモデルになります。初代と比べ小排気量低パワーのエンジンで、パフォーマンスの低下が顕著でした。1983年、後継のダッジコンクエスト(三菱スタリオンの北米仕様)の登場によりモデルライフを終えます。
2008年に復活した現行型3代目モデルから、アメリカンマッスルカーと呼ぶに相応しいハイパフォーマンスを手に入れます。現行の2018年モデルの頂点に立つエンジンは、6.4LスーパーチャージドV8で、最高出力527kW(707HP)、最大トルク881Nm(650lbf-ft)をそれぞれ発揮しています。


交通違反が暴行罪に!

フロントのナンバープレートを外していたことで、検挙を逃れられると思っていた容疑者ですが、じつはこれまでにも似たような事案はいくつもあり、警察はその都度、ドライバーやライダーを特定し、検挙しています。やはり悪いことはできないということですね。
2017年以来、煽り運転や無謀運転が社会問題になりつつあります。これまでだったらやり過ごすしかなかった危険運転ですが、ドライブレコーダーの普及により、犯人特定が可能になってきています。
ニュース報道によると警視庁は2018年に入り、危険運転に対し道路交通法だけでなくいかなる法律を用いてでも検挙するように通達を出したとのこと。今後、煽り運転などの危険運転は車を用いた暴力行為とみなし、暴行罪を適用する方針です。
今回の時速135kmオーバーも道路交通法による速度超過違反だけでなく、余罪次第では刑法による罰則が与えられる可能性もあります。
自動車はルールとマナーを守ってこそ、他の車両や通行人に危害を与えず運転を楽しめるもの。自分勝手な運転をすることが、楽しい運転ではないのです。

こんな記事も読まれています

さすがにヤンチャすぎ!? ジャン・アレジが語る、フェラーリ時代の“イタズラ回顧録”。仲良しチームメイトのベルガーと上司の車で大珍走
さすがにヤンチャすぎ!? ジャン・アレジが語る、フェラーリ時代の“イタズラ回顧録”。仲良しチームメイトのベルガーと上司の車で大珍走
motorsport.com 日本版
プリウスで自身の価値観を見つめ直した…西村直人【日本カーオブザイヤー2023-2024】
プリウスで自身の価値観を見つめ直した…西村直人【日本カーオブザイヤー2023-2024】
レスポンス
黒すぎる斬新な新型「クラウン」実車展示! 12月発売の「ちょいワル風マット仕様」がスゴい! 強い存在感放つモデルとは
黒すぎる斬新な新型「クラウン」実車展示! 12月発売の「ちょいワル風マット仕様」がスゴい! 強い存在感放つモデルとは
くるまのニュース
【ボクらの時代録】2015年の日本カー・オブ・ザ・イヤー。マツダ・ロードスター ( ND型)の軽くナチュラルな人馬一体感
【ボクらの時代録】2015年の日本カー・オブ・ザ・イヤー。マツダ・ロードスター ( ND型)の軽くナチュラルな人馬一体感
カー・アンド・ドライバー
軽量3輪EVスポーツの開発に着手、プロトタイプ発表…英モーガン
軽量3輪EVスポーツの開発に着手、プロトタイプ発表…英モーガン
レスポンス
まるで迷路!首都高はなぜ難しいと感じる人が多いのか?
まるで迷路!首都高はなぜ難しいと感じる人が多いのか?
バイクのニュース
希望ナンバー「3776」なぜ富士山周辺で一番人気? 山梨・静岡のご当地ナンバー「富士山」だけの特別な理由とは?
希望ナンバー「3776」なぜ富士山周辺で一番人気? 山梨・静岡のご当地ナンバー「富士山」だけの特別な理由とは?
くるまのニュース
復活するランチア『イプシロン』を初スクープ! 上質な内装は「カッシーナ」か?
復活するランチア『イプシロン』を初スクープ! 上質な内装は「カッシーナ」か?
レスポンス
日本カー・オブ・ザ・イヤーが発表 “今年の輸入車”に選ばれたBMW「X1」ってどんなクルマ?
日本カー・オブ・ザ・イヤーが発表 “今年の輸入車”に選ばれたBMW「X1」ってどんなクルマ?
VAGUE
3000万円超えの「最上級ミニバン」実車展示! 豪華すぎる「2人乗りリアシート」装備の新型レクサス「LM」タイでお披露目
3000万円超えの「最上級ミニバン」実車展示! 豪華すぎる「2人乗りリアシート」装備の新型レクサス「LM」タイでお披露目
くるまのニュース
子供が乗る自転車 定期的な点検で安全確保を
子供が乗る自転車 定期的な点検で安全確保を
バイクのニュース
[15秒でわかる]スズキ『スイフト』新型…安全装備や利便性の高い装備が充実
[15秒でわかる]スズキ『スイフト』新型…安全装備や利便性の高い装備が充実
レスポンス
ホントに真っ二つにするワケじゃない! クルマ好きが言うナンバーを切るってなに?
ホントに真っ二つにするワケじゃない! クルマ好きが言うナンバーを切るってなに?
WEB CARTOP
映画「カーズ」の続編ってもう作成されないのかなぁ作ってほしいなぁ観たいなぁ 53枚の画像で楽しむピクサーの名作
映画「カーズ」の続編ってもう作成されないのかなぁ作ってほしいなぁ観たいなぁ 53枚の画像で楽しむピクサーの名作
AutoBild Japan
もはや侮れない、中国二輪メーカーの現在「大排気量車は当たり前! 1000cc4気筒スポーツや900cc2気筒アドベンチャーも生産」
もはや侮れない、中国二輪メーカーの現在「大排気量車は当たり前! 1000cc4気筒スポーツや900cc2気筒アドベンチャーも生産」
モーサイ
えっ、あそこで折り返し?! 京急電鉄が引上線・待避線ツアーを企画
えっ、あそこで折り返し?! 京急電鉄が引上線・待避線ツアーを企画
レスポンス
鶴・桜・月夜に吉祥文様! アライ「RX-7X ツバサ」が2024年2月発売予定、最高峰フルフェイスに大胆な新グラフィックが登場だ!!
鶴・桜・月夜に吉祥文様! アライ「RX-7X ツバサ」が2024年2月発売予定、最高峰フルフェイスに大胆な新グラフィックが登場だ!!
モーサイ
国内タクシー会社の1割超が直近10年で「人手半減」の事態に
国内タクシー会社の1割超が直近10年で「人手半減」の事態に
@DIME

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

287.5331.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

58.0152.0万円

中古車を検索
チャレンジャーの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

287.5331.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

58.0152.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村