サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マセラティ初のハイブリッドがギブリに加わる。今後は電気自動車も登場予定

ここから本文です

マセラティ初のハイブリッドがギブリに加わる。今後は電気自動車も登場予定

伊マセラティは7月16日、ミッドサイズサルーン「ギブリ」にブランド初のハイブリッドモデルとなる「ギブリ ハイブリッド」を設定し、発表した。

2013年のデビュー以来100,000万台以上がラインオフしたマセラティの主力モデル「ギブリ」。そのパワーユニットには、3.0L V6のガソリンおよびディーゼルがラインナップされていたが、新たに2.0L直4ガソリンターボエンジンに48Vオルタネーターおよびスーパーチャージャーを組み合わせたマイルドハイブリッドが追加された。

マセラティ史上初のハイブリッドとしてモデナの研究所で開発されたこのパワーユニットは、ZF製8速ATと組み合わされ、最高出力330hp、最大トルク450Nmを発生。一方で、バッテリーの大型化や各種補機類の追加にもかかわらず、ウェイトはディーゼルモデルより80kg軽い1,950kgにとどまっている。その結果、0-100m/h加速は3.0L V6ガソリンのベースグレードに比べわずか0.1秒のビハインドの5.7秒、最高速度もスポーツセダンの名に恥じない255km/hと、ハイブリッド化による走行性能へのネガティブな影響はまったくない。燃費は10.4-11.7km/L(WLTP)と良好だから、環境負荷への配慮も万全だ。

エンジニアリングの面では、重量のかさむバッテリーをリアに搭載することでウェイトバランスを最適化したほか、エキゾーストシステムの改良や専用チューンを受けたサウンドジェネレーターにより、トライデントを冠するにふさわしい快音を実現。エクステリアには、ハイブリッドであることを示すブルーカラーのアクセントがサイドエアインテークやブレーキキャリパー、リアピラーのトライデントロゴに施され、他モデルとの差別化が図られる。また、リアコンビネーションランプの点灯形状は、かつての「3200GT」などを思わせるブーメランスタイルとされた。

マセラティ電動化計画のファーストステップにあたるギブリ ハイブリッド。これに続く矢は、2021年にピュアEVとしてデビュー予定の新型「グランツーリスモ」及び「グランカブリオ」となる模様。こちらにも期待したい。


おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します