サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > エレガント&スポーティ! 「ロールス・ロイス・ドーン」にエアロカウリングが設定

ここから本文です

エレガント&スポーティ! 「ロールス・ロイス・ドーン」にエアロカウリングが設定

カーボンとアルミを用いた軽量設計。簡単脱着で4シーターオープンがロードスターに変身

ロールス・ロイス・モーター・カーズはこのほど、オープンモデル「ドーン」にエアロカウリングを設定したと発表した。

ロールス・ロイスが生産休止中のクルマに代わりハチミツを増産中?

後席キャビンを覆うように装着されるダブルバブル形状のエアロカウルは、オーナーが好みで着脱可能。エアロカウルを装着すると4シーターオープンモデルが、簡単に2シーターのロードスターに変身する。

エアロカウルはカーボンファイバーとアルミニウムを用いて製作されており、驚くほど軽量なのが特徴。ダブルバブルの間にある中央部分はカーボンファインバーが露出しているが、表面の多くはロールス・ロイス車が採用する最高級レザーが張られ、ドーンのインテリアと完全にマッチする仕上げだ。ダブルバブルのカウル形状は綿密な設計によって、キャビンに流れ込む風を最適化。優雅なオープンドライブを演出するものとなっている。

同社がエアロカウリングを製作するのはこれが初めてではなく、これまでビスポークコレクションとして、多くのカスタマーの要望に応えてきた実績がある。たとえば、かつて横浜の日本人カスタマーから受けたオーダーでは、ヨットのデッキからインスピレーションを得て、最先端のテクニカルファイバーとオープンポアチークのウッドを用いたエアロカウリングを製作したこともある。

エアロカウリングの関連トピックとしてはさらに、今年3月にイメージイラストが発表され、今後発表する予定の「ドーン・シルバーバレットコレクション」も挙げられる。このコレクションは、そもそも2シーターのロードスターとして製作されるモデルとなるが、このモデルにもダブルバブル形状のエアロカウリングが採用されることが発表されたイラストで示されている。



おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します