サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 角田裕毅、アルファタウリ・ホンダからのF1フリー走行出走は確実か? トスト代表が示唆

ここから本文です
 レッドブルとホンダの育成ドライバーであり、今季はFIA F2でランキング3番手につけている角田裕毅。彼はイモラで行なわれるF1エミリア・ロマーニャGPの後、同地でトロロッソ(現アルファタウリ)の2018年マシンをドライブし、300kmを走行する予定となっている。

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは以前、レッドブルとそのパワーユニットサプライヤーであるホンダの両方から支援を受ける角田をF1へと昇格させようとする動きは、“計画されたもの”であると語っており、角田が来季のアルファタウリの有力なドライバー候補であることは間違いなさそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ