サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【雪は溶けるがクルマは腐食!】「融雪剤」がクルマに与える悪影響とその対策

ここから本文です

 融雪剤がクルマの下まわりに付着するとサビの原因に

 雪国の方ならご存じだろうが、冬場の凍結路や積雪路には、融雪剤が撒かれることが多い。融雪剤とは読んで字のごとく、雪や氷を溶かす効果があって、路面に撒くことでスリップを抑制するなどの効果が期待できる。と聞くと、いいこと尽くめのようだが、効果はいいとしても、弊害がある。それが、クルマの腐食だ。

スタッドレスタイヤは「安いものを毎年買う」or「高価なものを数年使う」どちらが正解?

 融雪剤は塩化ナトリウムや塩化カルシウムを主成分としたもの。これら、名称からもわかるように簡単に言ってしまえば塩だ。雪や氷を溶かす原理としては、理科の実験でやったように、融点を下げる効果がある。

おすすめのニュース

サイトトップへ