サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > GT500は6台に、GT300は4台に絞り込まれたチャンピオン候補。第8戦予選終了後のそれぞれの獲得ポイント

ここから本文です
 2021年シーズンのスーパーGT最終戦となる第8戦『FUJIMAKI GROUP FUJI GT 300km RACE』の公式予選が富士スピードウェイで行われ、GT500クラスは14号車ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)が、GT300クラスは61号車SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)と、両クラスともにタイトル争いを繰り広げる車両がポールポジションを獲得した。

 公式予選終了時点での各クラス上位のポイントランキング、そして決勝日のタイムスケジュール、TV放送/映像配信予定は下記の通りだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ