サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ「Vストローム650」やヤマハ「YZF-R1」WGP50周年記念カラーが登場!【日本バイク100年史 Vol.114】(2012年)<Webアルバム>

ここから本文です

スズキ「Vストローム650」やヤマハ「YZF-R1」WGP50周年記念カラーが登場!【日本バイク100年史 Vol.114】(2012年)<Webアルバム>

1909年、初めての国産のオートバイが誕生した。それから100年以上、あまたのモデルが世に出て、愛され、そして消えて行った。時代時代で光を放ったオートバイたち…。今となっては、もう写真でしか見ることができない車両もある。そんな、日本が誇るオートバイの歴史を紐解いていこう。「果たしてあなたは何台のオートバイを知っているだろうか?」

ヤマハ TMAX530/ABS 2012 年
2012年モデルのモデルチェンジでは、エンジンは530ccにまで排気量を拡大して、40~90km/hという常用領域での加速性能を大幅に向上。足回りもベルトドライブと新型スイングアームを採用。

ホンダ「CT125 ハンターカブ」の発売時期と予定価格が判明!

ヤマハ YZF-R1/WGP50周年記念カラー2012 年
7段階に選択可能なトラクションコントロールを採用。また、カウルのデザイン変更による空力性能の改善や、トップブリッジの形状変更による軽量化など、細部の熟成も進んだ。ヤマハWGP参戦50周年の記念カラーも登場。

スズキ GSX-R600 2012 年
12年型はカラーチェンジのみで、ブラックとブルー×ホワイトの2タイプ設定に。

スズキ GSR750/ABS 2012 年
GSX-R750をベースにしたエンジンを、スチール製ツインスパーフレームに積んで攻撃的なスタイリングを与えられたネイキッドモデル。GSR600の後継にあたる。

ホンダ VFR1200F デュアル・クラッチ・トランスミッション 2012 年
初のマイナーチェンジで、エンジンはPGM-FIの改良などでトルク増強と共に燃費も向上。トラクションコントロールも新採用された。

[ アルバム : 日本バイク100年史アルバムの続きを見る はオリジナルサイトでご覧ください ]

※諸元の並び順●エンジン形式●総排気量●最高出力●最大トルク●車両重量●前・後タイヤサイズ●価格(発売当時)

↓【連載】「日本バイク100年史」バックナンバーをまとめて見る
最新版【ニッポンのバイク112年歴史】オートバイ「2020年2月号」はこちら!

オートバイ 2020年2月号 [雑誌]posted with amazlet at 20.01.28
モーターマガジン社 (2019-12-27)
Amazon.co.jpで詳細を見る

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します