サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 全日本ロード2022年暫定カレンダー更新。筑波はJ-GP3とJP250のみ、MFJ-GP鈴鹿のJSB1000は3レース制に

ここから本文です

 11月15日、一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)は、2022年シーズンにおけるMFJ全日本ロードレース選手権シリーズの暫定カレンダーを更新したと発表した。9月の発表時時点から開催クラスの変更が生じている。

 2022年の全日本ロードの開催ラウンドは全8戦。2021年は全7戦が行われたため、1戦増加する。

“生ける伝説”バレンティーノ・ロッシ、MotoGP殿堂入り。正式にレジェンドとして認定

 開催地は国内の主要サーキットであり、開幕戦は来季もツインリンクもてぎで全クラス開催。第2戦鈴鹿と第3戦オートポリスはスーパーフォーミュラと併催の2&4レースで二輪はJSB1000クラスのみ行われる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ