サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「シビック」存続危機? 49年目の新型モデルが担う役目とは

ここから本文です

ホンダ「シビック」存続危機? 49年目の新型モデルが担う役目とは

■ホンダが「シビック」存続にこだわる理由とは

 ホンダは、2020年1月23日にマイナーチェンジした新型「シビック」を発売しました。外装デザインの変更がおこなわれたほか、安全装備も強化されています。

ホンダ新型「アコード」ちょいワルセダンにフルモデルチェンジ! 2020年初めに国内発売へ

 一方で、シビックはホンダのなかで歴史あるモデルではあるものの、販売面において現在は主力モデルとはいえない状況です。ホンダは、なぜ今回シビックの改良をおこなったのでしょうか。

 シビックの歴史は、1972年7月12日に発売された初代モデルからはじまります。

 当時、世界一厳しいといわれたアメリカの排気ガス規制であるマスキー法をクリアしたCVCCエンジンを搭載したモデルが、1975年に追加されて話題となり、その後シビックはホンダを代表する小型モデルとして歴史を重ねます。

 そして、2010年に8代目モデルの販売を日本市場で終了して以来、国内でのシビックの歴史は一旦途絶えます。その後、2017年7月に現行の10代目モデルを日本市場へ再投入。限定車を除くと7年ぶりの復活となりました。

 ラインナップはハッチバックとセダン、そしてスポーツ仕様のタイプRです。

 ホンダを代表するビックネームの復活となったシビックですが、売れ行きは復活後も絶好調とはいえません。

 日本自動車販売協会連合会の発表する登録車販売台数トップ50によると、シビックは2018年の年間ランキングに37位(販売台数:1万8287台)にランクインしましたが、販売台数はひと月あたり1524台と、同社のなかでも販売上位ではありません。

 ボディサイズが近く、ハッチバックとセダンを揃える点で共通するスバル「インプレッサ」が、同じ2018年にひと月平均で4516台を売り上げたことと比べても、シビックが好調とはいい難いでしょう。

 その後、2019年の夏頃にシビックは一度注文受け付けをストップ。そして、今回マイナーチェンジを受けることになりました。

 ホンダは、なぜ主力モデルとはいえないシビックに改良を施し、モデルを継続させたのでしょうか。ホンダの販売店スタッフに、販売現場でのシビックの評判について聞いてみました。

「当店では、シビックを買うお客様はほとんど指名買いで、競合するクルマはありません。多くの人はシビックの復活を待っていたとおっしゃいます。

 ハッチバックとセダンを比較すると、パワフルなハッチバックに人気が集中しています。MTとCVTを選択できるハッチバックではMTを選ぶ人も多く、当店ではタイプRの販売も好調です。

 現在、このクラスのMT仕様は設定がない車種も存在するので、こちらも『待っていた』というお客様が多い印象です」

 ハッチバックとセダンで搭載されるエンジン(1.5リッター直噴VTECターボエンジン)を比較すると、ハッチバックはハイオク仕様で最高出力182馬力を発揮し、セダンはレギュラー仕様で最高出力173馬力と、ハッチバックの方がスポーティカーらしいセッティングです。

 前出の販売店スタッフの「タイプRの販売も好調」という証言とあわせると、4ドアの実用車としての使い勝手も併せ持ったホンダらしいスポーティカーという立ち位置で、モデル存続が果たされた格好になったといえるでしょう。

■新型「シビック」じつはスポーツカー? ロングセラーモデルが持つ現在の魅力とは

 別のホンダ販売店スタッフにも話を聞くと、シビックについて次のように話します。

「弊社には、シビックより車格が若干上のハイブリッドセダンとして『インサイト』が存在します。インサイトは、実燃費で20km/Lを超えるほどで、街乗りなどの普段使いが中心で距離もそこそこ走る、という人にインサイトはおすすめです。

 一方、シビックは運転を楽しむクルマとしての性格が強いです。ハンドリングもスポーティに感じますし、ついアクセルを踏み込みたくなるような味付けになっています。

 ユーザーからは『つい積極的な走りをした結果、(カタログ燃費がWLTCモードで16.4km/Lであるにも関わらず)実燃費が10km/Lくらいになってしまった』という声も一部から聞かれます」

※ ※ ※

 現行シビックの特徴のひとつに、単一のグレード設定しかない点があります。車両価格(消費税込、以下同様)はハッチバックで294万8000円、セダンで276万1000円と、200万円台前半からラインナップがある他社の競合車と比べるとやや割高です。

 その分装備は充実しており、アルミホイールやLEDヘッドライト/フォグライト、本革巻きステアリングホイール、シートヒーターが標準で装着されるほか、ミリ波レーダーや単眼カメラを用いた安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備します。

 車両価格が競合するモデルと比べて割高に見えてしまうものの、充実した装備が魅力といえるでしょう。

 なお、シビックのフラッグシップモデルとなるシビックタイプRは今回のマイナーチェンジでは登場しませんでしたが、2020年夏に発売予定と予告されています。

 現時点では詳細なスペックは発表されていないものの、東京オートサロン2020でサプライズ展示された車両を見ると、フロントウインドウのセンサーやステアリングスイッチの配置などから、ホンダセンシングが新たに装備される、と予想されています。

 ホンダは、シビックタイプRの改良モデルについて「サーキットにおける走りの限界性能を高めるために、エンジンの冷却性能と、ブレーキ性能を向上させ、クルマの『走る・曲がる・止まる』を中心にアップデートをおこないました」と、コメントしています。

 2022年に発売から50周年を迎えるロングセラーモデルという立ち位置と、使い勝手の良さも兼ね備えたスポーティモデルという立ち位置を担うシビックが、これからどのような歴史を積み重ねていくのか注目です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します