サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【クルマに貼ってある表示どおりで大丈夫?】クルマのタイヤをサイズ変更した場合の正しい「適正空気圧」とは

ここから本文です
 タイヤの銘柄が変わってもサイズが同じなら空気圧は変えない

 空気入りタイヤは、1888年に獣医だったJ.B.ダンロップによって考案、実用化されたものだが、それ以来、空気入りタイヤは、空気圧が適正に保たれてはじめてタイヤとして機能できるものとなった。逆にいえば、空気圧が足りないタイヤはタイヤのカタチをしたただのゴムで、生きているタイヤとはいえないほど空気圧の影響は非常に大きい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン