サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 東海理化、フェンダー格納式の電子ミラーを開発 安全性と燃費向上に貢献

ここから本文です

 東海理化は18日、フェンダー格納式のデジタルアウターミラーを開発したと発表した。安全性や燃費の向上に役立つとして自動車各社に売り込み、2024年頃の量産を目指す。

 後方や車両周囲を確認するカメラと方向指示器、乗降時の足もと照明などを一体化し、電動で格納できるようにした。一般的なドアミラーより前方にカメラを配置することで確認範囲が広がる。空気抵抗もドアミラーに比べ9割減るため、高速走行時の燃費改善に役立つという。

自動車サプライヤーなのに“靴べら”? 東海理化が機械要素技術展で試作品公開

 乗用車用の電子ミラーは16年に解禁されたが、ドアミラー位置にカメラを組み込むタイプはコストが高いため思うように普及していない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン