サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 走行距離10万km以下×総額100万円以下で狙えるFRレイアウトの国産MT車5選

ここから本文です

走行距離10万km以下×総額100万円以下で狙えるFRレイアウトの国産MT車5選

現実的な価格で狙えるFR+MT車を5車種チョイス

前輪で舵を切り、後輪で地面を蹴るという自動車の基本とも言えるレイアウトであるFR。しかし、技術の進化やスペース効率などもあり、気づけばFRの車両はごく一部の限られた車種だけとなってしまっているのが現状です。

とはいえ、やはり車好きであれば、一度はFR車をMTで転がしてみたいと思うもの。特にドリフト走行をするというわけでなくても、後輪駆動の気持ちの良いハンドリングは特筆すべきものがありますからね!

しかし、前述のようにFR車はどんどん少なくなっており、日産 シルビアといった代表車種は軒並み価格が高騰。新車価格を超える中古車も登場しているくらいです。

ということで、今回は総額100万円の予算で狙えるFRレイアウトのマニュアル車をピックアップしました。もちろん走りを楽しむためのモデルですから、購入後にあまり費用がかかってしまうのはNG。そのため、走行距離は10万kmを上限とし、維持のしやすい国産車の中からチョイスすることにしました。 

日産 フェアレディZ(Z33型)

大排気量のNAエンジンを搭載し、大柄なボディながら、FRらしい素直な操縦性が楽しめるというのは貴重な存在でしょう。

そんなフェアレディZは基本的にV6 3.5LのVQ35エンジンを搭載しますが、2005年9月のマイナーチェンジでVQ35DE型からVQ35HR型に変更され、最大出力が280psから313psへと引き上げられ、より高回転が使えるようなセッティングに変更されています。

総額100万円の予算で10万km以下となると、大半がVQ35DEモデルとなりますが、中にはVQ35HR型もチラホラ。グレード的にはスポーティグレードのVersion Sや最上級グレードだったVersion STは総額100万円を若干上回る個体が多いものの、ブレンボブレーキに魅力を感じるのであれば、予算にチョイ足しする価値はあるかもしれません。 フェアレディZ(Z33型)のMT車を見てみる

トヨタ アルテッツァ(初代)

デビューしてみたら若干期待外れの車だったというイメージがついてしまったアルテッツァ。

しかし、スポーツセダンとして考えれば非常に高い素質を兼ね備えたモデルであり、ワンメイクレースが行われていたことからも分かるように、そのポテンシャルは高いんです。

アルテッツァのグレード体系は大きく分けて2つ。直4のスポーツエンジンであった3S-GE型(210ps)を搭載するRS200系と直6の1G-FE型(160ps)を搭載するAS200系の2種類となっています。

スポーツ走行を考えるならば3S-GEを選びたいところですが、直6らしいフィーリングを楽しみたいのであれば1G-FEも捨てがたいところ。なお、1G-FE搭載車はデビュー当初はATのみでしたが、マイナーチェンジで6速MTが追加されています。

価格帯的には、RS200もAS200も100万円の予算で十分狙えるといったところ。距離が10万km以下の個体はノーマルに近いものが多く、これから自分好みに仕上げていく楽しみもあります。 トヨタ アルテッツァ(初代)のMT車を見てみる

スズキ カプチーノ(初代)

軽自動車のスポーツモデルというと、平成ABCトリオといわれたAZ-1、ビート、カプチーノの3車種や、最近だとコペンやS660が思い浮かぶところ。しかしこの中で純粋なFRとなるとカプチーノだけなんです。

FRスポーツカーの基本であるロングノーズ、ショートデッキを軽自動車サイズで実現したカプチーノは、決して広い室内空間とは言えませんが、ほどよいタイトさで運転を楽しむ気持ちを盛り上げてくれます。

また、クーペ、タルガトップ、オープンと3つのボディタイプを楽しむことができるのもカプチーノならではと言えるでしょう。

カプチーノはモデル途中でエンジンが変更されており、前期型がF6A型ターボ、後期型がK6Aターボとなります。

チューニングベースなら、シリンダーブロックが鉄製の前期型といわれた時期もありましたが、今では後期型のチューニングも熟成が進んでいるため、好みで選んで問題ないでしょう。なお、後期型のみ3速ATが追加されているので、現車確認前にチェックしていきましょう。 スズキ カプチーノ(初代)のMT車を見てみる

マツダ ロードスター(2代目・NB型)

人馬一体の走りなど、FRモデルの基本を押さえたライトウェイトオープン2シーターのロードスターは、世代を問わず人気の高いモデルです。100万円以内、10万km以下のMT車となると、なんと初代から3代目までが射程圏内となります。

しかし、ここでオススメしたいのは2代目となるNB型です。初代はメーカーのレストアプロジェクトもスタートし、部品の心配が少ないとはいえ、いかんせん古すぎてメンテナンスに費用がかかってしまうし、3代目は100万円以内の個体数がまだ少ないというのが理由です。

NB型は1.8Lと1.6Lが存在し、前者が6速、後者が5速MTとなる。速さで言えば可変バルタイ機構の付いた後期型の1.8Lモデルがオススメですが、コストを抑えてFRの走りを楽しみたいのであれば1.6Lモデルでも十分。

ちなみに欲を言えば、SPまたはNR-A(とそれをベースにした特別仕様車)でないとオープンデフとなってしまうのでFRらしいハンドリングにかけるので、選ぶときには注意が必要です。 マツダ ロードスター(2代目・NB型)のMT車を見てみる

日産 スカイラインセダン(V35型)

日産のスポーツセダンとして名高いスカイライン。現行モデルもマイナーチェンジで400Rが追加されて話題を集めていますが、実はセダンモデルにMTがあったのは2世代前のV35型が最後となります。

といってもデビュー当初から用意されていたわけではなく、2004年6月の改良で6速MTが追加され、2006年11月のフルモデルチェンジまでの約2年の間という短期間しかMTが存在しなかったことになるのです。

なお、MTが搭載されるのは3.5LV6のVQ35DE型エンジンを搭載したグレードのみで、フェアレディZがモデル途中でVQ35HR型になったのに対し、スカイラインは最後までVQ35DE型のままでした。

そんなレアモデルだけに中古車の個体数は圧倒的に少ないものの、価格は特にプレミア価格とはなっておらず、執筆時点では2.2万kmのディーラー系中古車店にある個体が総額77.8万円と買い得感は高いので、根気よく探せば掘り出し物に出合えるかもしれません。 日産 スカイラインセダン(V35型)のMT車を見てみるということで、総額100万円、10万km以下のFRモデルをピックアップしてきましたが、一言で言うと「選択肢の幅がかなり狭い」という感じでした。

一時期はFRの入門編として挙げられた、冒頭で触れたシルビアや180SXが高根の花となってしまったように、今回紹介したモデルもそうなってしまう可能性も否めません。

そのため、「欲しいと思ったときが買い時!」ということで、今回の記事を締めさせていただきます。 文/小鮒康一、写真/篠原晃一、日産、スズキ

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します