サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【プレイバック80’s】SUZUKI RG250Γ「ガンマ」を名乗るからには本物でなければならなかった(1983年)

ここから本文です
一大ブームを巻き起こしたレーサーレプリカの誕生
バイクファンたちが驚愕した掟破りともいえるマシンがスズキから発売されたのは1983年3月。レーシングマシンでしか見たことがなかったアルミ製のフレームに16インチの足まわりをセットし、タイヤは専用開発されたミシュラン製を標準装備。タコメーターを覗き込めば3000回転以下は表示されないという、そのままグランプリに出場できそうな過激さ。