サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > イベント > 小澤国際室内楽アカデミー奥志賀、2年ぶりの東京公演で弦楽四重奏の魅力を披露

ここから本文です
ドイツの化学メーカー、ランクセスが支援する「小澤国際室内楽アカデミー奥志賀(OICMA)」は9月14日、第一生命ホール(東京・晴海)にて演奏会を開催した。

OICMAは、アジア圏の才能ある若手音楽家に弦楽四重奏を学ぶ機会を提供することを目的として、世界的な指揮者である小澤征爾氏が2011年に設立。ドイツの化学メーカー、ランクセスからの支援によりアジア諸国からの参加者も迎えている(今年は日本からの参加者のみ)。受講生はクヮルテットと全員による弦楽合奏の両方を合宿形式で指導を受け、その成果を奥志賀と東京で披露する。

おすすめのニュース

サイトトップへ