サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジープ「グラディエーター」日本導入決定! 価格と装備を大胆予想

ここから本文です

ジープ「グラディエーター」日本導入決定! 価格と装備を大胆予想

■「グラディエーター」日本発売決定!

 2018年のロサンゼルスオートショーで発表されて以来、日本導入が待望されていたジープ「グラディエーター」の日本導入が正式に決定した模様だ。

トヨタ「ランクル70」復活? ファン待望のディーゼル仕様で登場か

 コロナ禍で翻弄された2020年であるが、ジープは前年の1万3360台を上回る1万3588台の販売を記録し、過去10年間にわたり常に前年を上回る勢いで伸長している。

 その牽引役を担ったのが「ラングラー」であり、前年比18%増となる5757台の年間販売台数を記録し、輸入車SUV Dセグメントでのランキング首位となった。

 グラディエーターは、いうなればこのラングラーをベースに、車体後部に荷台を取り付けたピックアップトラックである。Cピラーよりフロント部分は4ドアロングボディである「アンリミテッド」に準じており、Cピラー以降が独自設計となっている。

 全長5591mm、ホイールベース3488mmというビッグサイズだが、キャディラック「エスカレード」のロングボディが全長5766mmであるため、アメリカ車のなかでは特別にビッグサイズというわけではない。

 もともとラングラーは、日本ではアウトドア派のカスタマーに定評がある車種だ。そのラングラー アンリミテッドの乗員定員もそのままにピックアップトラックとなるグラディエーターは、さらにアウトドアを始めとする幅広いライフスタイルに対応するクルマとして、以前から日本導入を望む声があった。

 このグラディエーターが日本導入されることが判明した。先頃開催されたFCAグループのオンライン記者発表において、質問に答える形で、FCAジャパン代表取締役社長兼CEOポンタス・ヘグストロム氏自らが、グラディエーターの日本導入の決定を力強くアナウンスしたのである。あとは導入時期を決定するだけだという。

 おそらく、日本には2021年度内に正式導入されることになりそうなグラディエーターだが、日本市場に先駆けて2021年1月11日から欧州のジープ ディーラーでもオーダーが可能となった。

■「ローンチエディション」は日本仕様にもある!?

 日本仕様のグラディエーターは、導入時期も車両価格や仕様も未定だが、日本よりも先にデリバリーがスタートする欧州仕様のグラディエーターについてレポートしよう。

 欧州市場に導入されるグラディエーターには、「スポーツ」「オーバーランド」のふたつのトリムに加え、「ローンチエディション」がラインナップされる。

 スポーツは、オフロードでのカスタマイズのための機能性と装備に重点が置かれている。オーバーランドは、快適性とテクノロジーの両方を兼ね備えた、幅広い装備と機能が標準装備とされている。

 限定モデルとなるローンチエディションは、グラディエーターの最上級モデルに相応しいオプション装備が満載となる。外装色に限定カラーとなる「ブラック」「ファイヤークラッカーレッド」「ビレットシルバーメタリック クリアコート」「ブライト ホワイト」「グラナイト クリスタルメタリック クリアコート」の5色が用意される。

 さらに18インチアルミホイール、専用バッジ、ボディカラー同色ハードトップとフェンダーフレアに加え、スプレーオン ベッドライナー、トノカバーなど、実用性と利便性に優れた装備が備わる。また、インテリアではブラックレザーシートが採用され、高級感溢れる仕様となっている。

 スリーサイズは、全長5591mm×全幅1894mm×全高1905mm(ソフトトップ)/1843mm(ハードトップ)で、車両重量は2294kg(スポーツ)/2403kg(オーバーランド/ローンチエディション)だ。最大積載量は、556kg(スポーツ)/613kg(オーバーランド/ローンチエディション)、牽引能力は、2722kgとなる。

 エンジンは、ユーロ6dに対応した2987ccV型6気筒ディーゼルエンジンを搭載。最高出力268ps/3600rpm、最大トルク600Nm/1400-2800rpmを発揮し、最高速度177km/h、0-100km/h加速8.6秒だ。組み合わされるトランスミッションは8速ATとなる。

 もちろん悪路走破性に抜かりはなく、グラディエーターはセレクトラック フルタイム4×4システムを採用しており、ジープのラインナップでも過酷なオフロード性能試験をパスしたモデルにのみ与えられる「トレイル レイテッド」のオフロード性能を約束してくれる。

 また、ジープモデルでは初となるオンロードおよびオフロード走行用の前方カメラを装備。また、AppleCarPlay/AndroidAutoに対応した7.0インチまたは8.4インチのタッチスクリーンを搭載した第4世代Uconnectシステム、パークビュー リアカメラなどに加え、ブラインドスポット モニターやリアクロスパス ディテクション、アダプティブ クルーズ コントロール(ストップ機能付)、前面衝突警報などの安全装備も充実している。

 さらに200種類ものオーセンティック アクセサリーが用意されているので、ライフスタイルに合わせてカスタマイズできることも嬉しい。

 欧州での車両価格は、ローンチエディションが5万8700ユーロ(邦貨換算約735万円)、オーバーランドが5万4700ユーロ(邦貨換算685万円)となっている。おそらく日本仕様も700万円前後となることは間違いないだろう。

 気になるのは、欧州に導入されなかった「グラディエーター ルビコン」が、日本に導入されるか否かだろう。導入されるトリムも含め導入時期など、今後のアナウンスが待たれる1台だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します